<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マミヤ

といえば当然ユリアだが、カメラの方の話。
f0056516_2485822.jpg
DさんからMamiya645Pro TLを借りた。
実はDさんも人から借りているのだが、元の持ち主もDさんもさっぱり使っておらず新品同様のままなのだという。持ち主が「もういらないから勝手に売っ払ってくれても構わない」と言っているそうだが、さすがにそういう訳にもいかないので、せっかくなら使ってくれる人に預けておきたいということだった。
私はこのカメラの二代前にあたるMamiya M645 1000sの中古をかつて使っていた。当時は現行機の新品を買うなんて思いもよらなかったのだ。二年くらいフィルムで撮った記憶がないので、久しぶりに色々試し撮りしてみようかともくろんでいる。

更新が随分空いてしまったが、執筆中なのでご勘弁願いたい。今後もしばらく空く。
なお、Caccinicaのチケット発売日が7日(月)となっていたのは日曜日の間違いなので訂正しておいた。久しぶりにポストカードも作ったので希望の方はメールでお名前と住所をお知らせいただくか、すみれの天窓あたりで拾っていただきたい。こちらは曜日の表記が間違ったままなのであしからず。

あと、マリアさんのチラシがどこで手に入るのかは私は判らない。制作回りの事は制作会社に問い合わせていただいた方が早いと思われる。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-30 03:22 | diary

You two

今日はポテチを買いに一度外出しただけ。韓国海苔のポテチは美味い。
しばらくはずっと執筆なので大したことは書けないだろう。女を五人呼んで酒池肉林であったとかボウリングで300点出したとか楽しそうなウソならいくらでも書くが、このブログは関係者各位に「ユザワがヘタな事書いてやしないか」と監視されているので、さっさと執筆しろと怒られるだけだ。

そしてまた腰が痛い。チラシは四五日の作業だったからまだいいけれど、脚本執筆はもっとスパンが長いのでこれは深刻だ。腰を痛めない執筆姿勢を開発するか、マッサージ師を常駐させるかしなければなるまい。マラーのように風呂に浸かって書いたらどうだろう。

午前中、赤のカラコンが届く。そろそろカラコン規制が始まるらしいので、その前に。やたら包みが大きいなと思ったらフリーペーパーが入っていて、頭の悪そうなギャルモデルのインタビューなどが載っている。そうか、カラコンのメインコンシューマーはギャルなのか。
あまり知らない世界なので広告などを興味深く見てみると、「乳首をピンク色に!」というクリームがあった。乳首の色なんてヌードモデルでも無い限り気にする必要ないと思うのだけど、世間的にはどれくらいがベストとされているのだろう。
使用者たちの感想などが載っている。
「彼との温泉旅行を控え、気になっていた黒ずみ解消のために使ってみました!おかげさまで楽しい旅行ができました!」
温泉旅行の楽しさって、乳首の色で左右されるものなのか。それはともかく何も知らない彼氏の方は舌の色素が薄くなってしまうんじゃないかしらと余計な心配が頭をよぎった。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-23 23:59 | diary

なんとか

朝6時にお片付けは一段落。ゴミは結局6袋に至った。一旦心に火がつくと止まらないものであるよ。

夜中だか朝だか、オリンピックのバスケでアメリカ×ドイツ戦をやっていた。アメリカはコービー、レブロン、ウェイドらがスターター。これはもう関羽と張飛と趙雲みたいなもので、つまりこれに勝てという方が無茶だ。ドイツだってNBAプレーヤーが複数いて弱いはずは無いのだけれど、全く勝負にならず。アメリカチームのショータイムのようになっていた。

ちなみにチラシは27日に納品らしい。9月の頭にはいろんなところに出回るだろう。私の血と汗と涙は滲んでいないけれど、苦心して仕上げたので粗末に扱わぬように。

さて、いよいよ書き始めるか。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-19 23:51 | diary

嗚呼

心が挫けそうだ。

執筆その他に向け、ずっと逃げていたところの部屋の掃除をとうとう始めた。そういえばここ数週間ゴミを捨てた記憶が無い。片付けても片付けても、いつだったかのアフレコ台本や、訳の判らない小さな部品や、1年前から空の香水ビンなどが現れる。
掃除のコツは捨てる事だ。捨てないと狭い我が家ではスペースが空かない。着ない服はバンバン捨てる。半年以上使ってない小物も捨てる。
明日の午前中にはちょっとマシになっている、はず。

とりあえず片付ける宣言をすれば挫けないだろうと思って書いてみた。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-19 00:36 | diary

とりあえず終了

なんとかチラシレイアウトが一段落。結局締切を一日過ぎてしまった。

10日には渋谷をプラプラしていた。
ポップティーンのアドバスらしきもの。乗せてもらえるのかな。
f0056516_0274953.jpg
草花いろいろ。
f0056516_0291392.jpg
f0056516_0293513.jpg
f0056516_0301565.jpg
f0056516_0314388.jpg

12日は「ガラスの仮面」を観に埼玉まで。終演後のロビーでIさんに会った。
そのまま渋谷へ移動。夜に某イベントの慰労会。もう八ヶ月前の公演なのに。

道玄坂で知らない蝶発見。
f0056516_0333650.jpg
この後からレイアウト作業が大詰めとなり、腰・首・眼の疲労が激しくなる。

13日の夕方までにオモテ面の試作完成。さらに深夜までウラ面作業に取りかかるが、午前3時の時点でイラストレーターがいきなり終了。八割方できていたデータが消える。ふて寝。

そして今日。ウラ面を一から作り直し、なんとか夕方までに送信。ここで明日のアフレコの台本とビデオの受け取りを忘れていた事に気付く。あわてて渋谷へ。30時間ほど食事をとっていなかったのでついでに人間関係で一服。
f0056516_0433827.jpg
帰宅後、オモテ面に関して制作側からいくつか来ていた修正希望箇所の作業。つい先ほど終了。

そしてこれからビデオチェックして寝る。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-14 23:59 | diary

また忙しい

腰が、腰が痛い。使い過ぎではなく、使わな過ぎで、ずっと寝転がってレイアウト作業をしていたら寝ていられないほど痛くなってしまった。湯船に浸かってみたらだいぶ改善した。また寝たらすぐ痛くなるので散歩に出る。

私が最近履いているデコ靴は大層重く、飲み屋などで靴を揃えようと持ってくれた人が必ず「重っ!」と突っ込む。その事実を忘れて近頃は歩くのが疲れるなあと感じていて、単に体力が落ちて来たのだろうと思っていた。今日はたまたまAND1のバッシュを履いて出てみたのだが、軽くて非常に快適だった。栃木くらいまで歩けそうな気になる。道は知らないけど。
道中いろいろ写真も撮ったけれど、時間がないので後日。

なお、Caccinicaの演奏会は10月上旬あたりになりそうだ。日程は明日ハッキリする。

チラシの締め切りは明後日らしい。明日はほとんど時間がないので今晩にかけるしかない。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-12 00:43 | diary

仕事が速い

舞台の楽屋から着払いで送った荷物や、一昨日の撮影機材で部屋が埋まっている。片付ける気力はゼロ。誰か紅茶一杯で整理してくれないだろうか。

とりあえず仮の写真を使ってチラシレイアウト。しばらく外に出る用事もないし、猛暑の中を散歩に出る気も起こらない。幸いオリンピックが始まったので部屋に籠っていてもあまり退屈しないで済む。
レイアウトは着々と進み、表面はほぼ完成に近い。あとは各キャストの使用写真が決定すれば半日で完成するだろう。
次は裏面か。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-09 21:29 | diary

撮った撮った

朝っぱらからマリアさんチラシ撮影作業。ああ面白かった!
我ながら訳の判らない写真も多々。ブロマイドの域を越えたものが撮れたんじゃないかしら。

終了後D嬢と晩御飯。空腹だったが、ひとりで食べると店の中で溶けて寝そうだったので連れが欲しかったのだ。案の定ひとりで乗った帰りの電車では思考停止。

各キャストの事務所からNG写真の知らせが来るまで、とりあえず一日くらいはヒマだ。寝よう。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-07 23:45 | diary

千秋楽

昼夜と大過なく終了。

打ち上げは二次会の乾杯が終わったあたりでコッソリと退散。皆朝まで飲んだらしい。
この舞台は若者たちのものなので、私はあくまでも脇役にしか過ぎない。まだ舞台経験の少ない彼らにとってこの舞台は大きな転機だろうし、人生の大切な思い出になるものだろう。そういう現場で私も手を抜く訳にはいかないので自分なりに努力はしてみたつもりだが、この独特な舞台では自分のこれまでの経験の中で得た方法が通用する部分もあればそうでない部分もあり、トータルするとせいぜい足を引っ張らない程度にしかできていない気もする。もっと少し進化しないとな。

これにて今回の舞台はおしまい。ご来場の皆様、有り難うございました。確かな事は言えないけれど、たぶん次もあるんじゃなかろうか。主人公チームが負けたまま終わる訳にもいかないだろうし、なにより大盛況だったので。
[PR]

by maestro_k | 2008-08-03 23:59 | diary