脳がギュッとなってる

昼過ぎから美術・パンフデザインの打ち合わせを立て続けに。丸尾さんに描いてきていただいたスケッチ画は、昨年よりも非現実性が増して嬉しくなる。これをどれだけ舞台で表現できるだろうか。サンシャイン劇場にしてもオリエンタル劇場にしても舞台裏が有り余るほど広いというわけではないので、演技スペースとしての必要性や役者のサイズとのバランス、美術の移動の簡便性などを加味して寸法を検討。
思い出してみると、昨年の美術打ち合わせは稽古の初日だった。それを考えると今年はいくらか早めに動けている。

実はここ二日間ほどロクに寝ずに執筆していたので、脳と首と肩が随分硬化している。ロクに寝ずに書けたのは筆の調子が良かったからでもあるのだが、創造力に体力がついてこなくなった。宮澤賢治は月に3000枚書いた事もあるというから敵わんな。今日の打ち合わせも脳が凝り固まった状態で意識が空白になる瞬間多数。
なのでいつもならば打ち合わせ帰りにどこかのカフェに寄り道でもしていくところなのだが、夕飯にワンタンめんを食べただけで帰宅。3時間ほど仮眠を取ったらいくらか硬化は和らぎ、モワッとした状態になった。ギュッとした状態だと書けないのだが、モワッとした状態ならまだ大丈夫なのだ。

関係ないが、昨日、執筆の休憩がてら外務省のHPにある資料を眺めていた。
「主要経済指標(日本及び海外)」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ecodata/index.html
これを見ていると、GDP(国内総生産)は米国が一位、日本が二位。ただし日本は米国の三分の一の額に過ぎない。
一方、一人あたりGDI(国民総所得)ではノルウェーが一位、ルクセンブルクが二位。米国は8位に落ち、日本に至っては17位とトップ10転落だ。
ノルウェー人がそんなに金持ちなのも意外だが、ルクセンブルクってどこ?
と思って調べてみたところ、正式名称はルクセンブルク大公国といって、大公というのは王の一歩手前、公爵のヴァージョンアップ版らしい。複雑な歴史を経てフランス・ベルギー・ドイツに囲まれた小国で、昔は鉄鋼業、現在は金融サービス業が経済を支えているそうだ。
で、なぜこんなに金持ちが多いのかと言うと、国内大企業のほとんどが貴族の家族経営によるものであり、国外から経済難民が押し寄せて不法労働をしているのだけれど、貧乏な彼らは外国人であるからGDIの統計時に国民の母数に含まれない。つまり経営側の金持ちばかりで計上していれば、そりゃ国民がみんな金持ちになるわいな、ということだ。

でも上記の経済指標には金持ち国家のイメージが強い中東産油国が全く含まれていない。なんでだろう。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-30 23:59 | diary

ほら流れて来た

マリアさんの予約流れチケットなどの追加販売が30日10:00からあるそうだ。
詳細は『マグダラなマリア』公式ブログ『魔愚堕裸屋くらしの手帖』
http://yaplog.jp/magudara/
にてご確認のこと。

さすがに先行・一般と続いて三度目ともなれば競争率も下がっていると思われるので、是非トライしてみていただきたい。


今日も執筆。調子が良く、昼から夕方だけで5ページ進んだ。もうずっと調子良くないと間に合わない状態なんだけど。これからまた再開して早朝まで書く予定。

ボロボロのオーディオテクニカCK100。
f0056516_20473337.jpg
CK100は本体とケーブルの継ぎ目のゴムが弱いらしく、本体から外れて来てしまった。4万円以上したのにしっかりして欲しいものだ。メーカーに送りつければ強度のある物に直してくれるらしいのだが、面倒なので白いパテで固めて補強してある。でも高い値段にはアフターサービス代も含まれているのだろうから、さっさと送って直してもらった方がいいのかな。

9月も終わりに近づき、そういえばそろそろ定額給付金の申し込みが終わるんじゃないかしらと思い確認したところ、中野区では9月14日にとっくに終了していたのだった。あーあ。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-28 20:58 | diary

マリアさんの行方

さてさて本日はマリアさんのチケット一般発売であった。

先行発売後に追加された平日の昼以外は即完売だったようで、残念ながら購入できなかった方もいるだろう。しかしまだ!まだ予約流れもあるし、それがダメでもまだ当日券があるので諦めないでいただきたい。

私としては公演に対する興味の寡多に関わらず、観たいと思っている方には出来るだけ観ていただきたいと思っている。十年くらい前だったら当日券として通路に座布団を置いたりできたのだが、最近は消防法がうるさいので定員以上の入場は難しそうだ。

もし観劇する知人がいるならば、
1、一幕と二幕で交代で観て、後から一人芝居で再現して教え合う
2、フュージョンして一人として入場する
という方法が考えられる。もっとも、1は許されるかどうかわからない。たぶんダメだろう。

問題はチケット予約の電話やサイトに早く繋がるか否かが、単に運やタイミングで決まってしまっていることだろう。ならば今後、ファンとしての熱心さによって取れるチケット枚数を制限したらどうだろう。予約画面の前に、

Q1.湯澤幸一郎の血を分けた妹は?
Q2.小林健一がバイトしている喫茶店の名前は?
Q3.鯨井康介が女性を評価する時の一番のポイントは?

などの、ファンならば誰でも判るような問題を解かなければならない設定にして、得点別で購入可能なチケット枚数が決まるのだ。これなら熱心なファンは何回も観て、そうでも無い人は一回だけというバランスの良い配分になるんじゃないかしら。

しかしなあ。なんでこんなに人気なんだろう。一万人分が売り切れるなんて、オリジナル作品としては異例のことだ。そしてファンや知人を問わず、いろんな人に「メチャクチャ楽しみにしてます!」と言われる。たぶん本当に楽しみにしているんだろう。

初演を超えるのはとても難しい。あれだって相当私は頑張ったのだ。そして第二弾となると、初演を観た人々は当然初演以上のものを期待する。それも少しの向上ではダメだ。だって初演を観た観客は初演を気に入って観に来てくれているのだから、そういう人たちを満足させるためには、ダブルスコアくらいで初演を超えないと「初演の方が好き」となる。もういっそ朗読劇とかにした方が比べられなくて楽なんだけど。予算もかからないし。
まあダブルスコアは難しくとも、セミダブルスコアくらいにはしたいものだ。そして来年以降、マリアさんは続くのか、続くとしたらどれほどの規模になってゆくのか、当の私にも皆目見当がつかない。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-26 22:56 | diary

ここ数年で一番のショック

眠い。執筆で生活サイクルが狂いまくっており、昼あたりがとても眠い。

ラジオCM収録で赤坂へ。

何かのビル。デカいな。
f0056516_324857.jpg
ドロリッチ。
f0056516_3252769.jpg
ドロリッチのラジオCMだったから。

収録後、赤坂に来たならば寄らねばと思い、アンミラへ。すると、

ない!
アンミラがない!
知らない店になってる!

眠気も吹き飛んでしまった。赤坂からアンミラがなくなるなんて、新宿からヨドバシカメラがなくなる以上の大事件ではないか。知らなかった。客としてはともかく、アンミラの制服を着て働きたいという女性だって結構多いと思うのだが、その需要も置き去りにしたまま、なぜどんどんアンミラは消えてゆくのか。ここ数年、私のお気に入りの店はどんどん消えてゆく傾向にあるのだが、アンミラは替えが効かないだけにショックが大きい。
政権交代でアンミラ減少にも歯止めがかからないものかね。

仕方ないので新宿のカフェで執筆。
f0056516_3363659.jpg

[PR]

by maestro_k | 2009-09-25 03:39 | diary

やっと終わる

連休がやっと終わってくれる。カフェで執筆しようにも、どこも混んでいて落ち着かなかったのだ。

最近購入したものふたつ。

gollaのMacBook用ケース。
f0056516_23282163.jpg
他の日本製のものと比べてゴチャゴチャとしたポケットなどが無く、シンプルでスマートなのがいい。

オーディオテクニカのATH-FC700。
f0056516_2330379.jpg
赤い部分の真ん中に白文字のロゴが入っていたのだが、真っ赤な方が可愛いので削って磨いた。
カフェなどで執筆の場合、周囲がうるさいと気が散る。イヤフォンよりオーバーヘッド型の方が遮音性や装着感が良さそうだと思い、探してみた。あくまでも執筆用なので音質は二の次。可搬性とデザインで選択。

しかし実際カフェで試してみたところ、音質・遮音性・可搬性、すべての点において手持ちのイヤフォンのCK100やIE8の方が優れていた。なんだかなあ。実売5000円のヘッドフォンとしてそれなりの音はするのだけど、相手が悪すぎたようだ。どうしたものか。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-23 23:58 | diary

だから言ったのに

演奏会時に予約していただいたCDは本日全て発送した。都内なら明日届くと思われるが、地方の方だと連休明けになってしまうかも知れない。
今回採用したCD-RディスクはLight Scribe仕様といって、対応するレコーダーのレーザーでレーベル面に文字などを焼き付ける事ができる。ちょっと値段は張るがインクジェットと違って水ににじまないので耐候性が高い。色もゴールドで高級感がある。

はずだった。

いざ買ってきて封を開けてみると、なぜか五色展開。パッケージをよく見ると確かに「5 Color Pack」と書いてある。以前はゴールドしかなかったから気にもしていなかったのに、勝手にヴァージョンアップしていたのだ。
なので『赤いカバン』なのに青いカバンや黄色いカバンになってしまった方もいらっしゃるがご了承願いたい。


さて『マグダラなマリア』の追加公演が決まってしまった。先行発売でバカ売れしてしまったからだ。11月20日の昼。
日替わりゲストは22日にも出てくれるHくん。
これで4日間連続昼夜公演。有り難いけどしんどいな。
そして、もし公演中の全ての座席が埋まれば、『マグダラなマリア』は第二弾にして動員一万人となる。

ちなみにHくんとは『冒険者たち』を見た後に皆でそば屋に行ったときに初めて会った。長崎出身だと言う彼はそばやうどんに詳しくなく、たぬきうどんやきつねうどんがどんなものなのか周囲に訊いていた。そして結局「この『リキうどん』っていうの下さい」と言ったのだった。
それ以来、彼は私の中では「リキうどんのコ」となっている。

[PR]

by maestro_k | 2009-09-18 19:06 | diary

Caccinica演奏会映像初公開

いつも録画などには頭が回らないのだけど、今回はある方のご好意で撮っていただいた。ある方というのは古い知り合いのMさんで、10年以上前、なんと私のフリーター時代のバイト先の上司だった。私がいまだにチンタラ活動しているのをたまたま知って連絡を下さり、撮影とYoutubeへのアップまでしてくれた。


Caccinica演奏会 2009年9月15日 at 南青山MANDALA

赤いカバン
http://www.youtube.com/watch?v=5HhqXmQ9XOU
Ave Maria
http://www.youtube.com/watch?v=YkR9NUcSnWE

んー、ほぼ最後の方の二曲なので、ちょっと喉が疲れている様子。後から客観的に見てみるのも大切だな。
まあ、こんな感じのものをやっている訳だ。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-18 00:48 | Caccinica演奏会動画

グラビア撮影

まだ告知していいかどうかわからないので某誌のグラビア撮影とだけ言っておく。グラビアと言ってもマリアさんがらみなので、当然モデルは男性。ケルベロスも。ケルベロスは多くのスタッフからそのクオリティの高さを絶賛された。

モデル初仕事にも関わらず、物怖じせず見事なポージングを見せるケルベロス。
f0056516_165655.jpg
いろいろ作り込めるのでこの企画は楽しい。しかし準備する物が多すぎて、私が持ってゆくはずの衣装用ブーツを忘れてしまった。現場で適当な物を借り、後から画像処理で色を変える事に。

先週からずっとマルチタスクな日々で睡眠時間が足りず、ちょっと脳のクロック周波数が低下して来た。寝る。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-17 01:10 | diary

演奏会終了

昼過ぎからCaccinicaの合わせ。
夕方に小屋入りしてリハ。

平日なのであまり来てもらえないだろうと思っていたのだが、フタを開けてみたら120人以上の方々に来ていただき、南青山MANDALAでのCaccinicaの動員数としては過去最多であった。有り難いことである。知人も多数。
演奏そのものはいくらかのほころびもあって会心の出来とは言えなかったけれど、貴重な時間とお金を割いて聴きに来てくれたお客さんに相応のものが聴かせられたであろうか。

そして歌はやっぱりいいな。もっと上手く歌えるようになったらもっと楽しいだろうな。パヴァロッティ、バルトリ、カラス、テバルディ、ディースカウ、レーヌ、お手本はいくらでもある。

さて明日はマリアさんがらみで雑誌のカメラマン仕事。ケルベロスの出番となる。脚本書きつつ、歌を歌い、写真を撮る。忙しい事この上ないが、好きな事が全部仕事になっているって、とても幸せなことではないか。

でも早起きしなければならないのでもう寝る。ご来場いただいた方々に多謝。
[PR]

by maestro_k | 2009-09-16 01:38 | diary

出演情報(終了しました)

●2009年9月15日(火)
Caccinica演奏会「ブリキの月の寄り道にて」
at 南青山マンダラ 
Open18:30/Start19:30 ¥3700 with 1drink(通し券¥7000)
出演:Counter tenor 湯澤幸一郎/Violin Sachi/Piano Aya/Cello 青月泰山

チケットに関して:14日の黒色すみれ演奏会との通し券あり。1日券、通し券ともに「新宿ゴールデン街・喫茶すみれの天窓」「南青山マンダラ」で販売中。
*当日の入場は「新宿ゴールデン街・喫茶すみれの天窓」「南青山マンダラ」でチケットをお買い上げのお客様が先となります。(整理番号順)
[PR]

by maestro_k | 2009-09-15 23:59 | stage