<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

帰京

千秋楽を終え、多くのキャストはその日のうちに新幹線で帰って行った。私含めた数人はゆったり過ごしたいということで延泊。片岡Pも加わり、寿司を食べたり、バーで歓談したり。
一夜明けて、キャスト二人とロープウェーで布引ハーブ園へ。山頂のレストランでハーブ料理のビュッフェを食べたりして素敵な休日を満喫。そして帰京。

今回のマリアさんは、昨年の公演より規模拡大という事で舞台美術の予算も増えたりして、様々な面で「作りたい舞台」に近づいて来た。その一方で明らかになって来た課題もいくつかあり、今後また続いて行くとするなら是非ともクリアしてゆきたい。一番残念だったのは、舞台全体のクライマックスとも言える演出がある事情で突然の変更を余儀なくされ、結局本番では一度も披露できなかったことだ。ただしこれは全くの不幸によるもので、誰のせいにもできないので仕方ない。作品の大勢には影響がなかったことで良しとするしかないだろう。
それよりなにより、公演の座席数に対する動員数が100%というのは凄い事だ。パンフレットの売り上げも上々だということで、それはつまりリピーターがそれほど多くなく、リピートしようにもできないほどにチケットが売れていたということらしい。

参考までに、本公演のセットリストと簡単なコメント。特に断わりがない場合、全てユザワ作詞作曲のオリジナル。

M1 「It's Entertainment!」…ミュージカルのオーディションシーンでの曲という事で、いかにもミュージカル!な曲を作ってみた。前半はシンプル、後半はゴージャスなアレンジにする事で、オーディションからスターへの変貌を表現したかった。

M2 「我が名はグスタフ」…黄泉の国という、えらくファンタジーな場での登場場面なので、あえてディズニー風に作ってみた。聴けば分かる通り『メリーポピンズ』の「チムチムチェリー」のパロディ。

M3 「おろしや旅情」…カラオケ屋で別紙くんが演歌を歌ったのが上手くて面白かったので、これは完全にアテ書き。母親に家出され、父親に虐待を受けて育った子供が成長してから恨みを晴らすという救いの無い歌詞をド演歌に乗せてみた。ピロシがマゾヒストになった由来を潜ませたつもり。

M4 「死んでゆく!」…ミュージカルやオペラにおいて、死に際に高らかに歌うようなシーンがよくある。そんな余力があるなら、いっそ元気いっぱいに歌い踊って死んでみたらどうだろう、そしてどうせだから全員死なせてみよう、と思って作った。

M5 「グロリア」…賛美歌。幕間のコバーケンタイム終了後の口直し。日替わりゲスト用にオリジナル新曲を覚えてもらうのは大変なので、誰でも知ってる賛美歌なら良いだろうと思ったのだが、半分近くのゲストが知らなかった。

M6「野ばら」…シューベルト。Mに入れていいのかどうか分からないが、一応グレイスソロ。当初はマリアさんが歌う予定だったが、脚本カットの際、グレイスが歌い、それにマリアさんの台詞が重なるという形に変更になった。

M7 「恋愛なんて三年もたない」…シャーリーとエミリーの現実主義的恋愛観をケロッと表現したくて、「サティやプーランクのコケティッシュな楽曲風に」とアレンジの注文をお願いした。

M8 「錆びた絆」…この曲は某アニメ企画に際し、エンディング曲をという依頼があり、Caccinicaでの演奏を前提に作った。残念ながらその企画は立ち消えになってしまったのだが、気に入ったので今回の舞台に組み込む事にした。セシルはこの曲に基づいて作られた登場人物であるがゆえ、そのマンガに登場する少女達が原型となっている。

M9 「エレジー」…「舞台の終わりにマリアさんが三日月の上で歌うとしたら」というイメージで、切なさと芯の強さを表現しつつ、サラッとした曲にしたかった。ほんのちょっとだけ「Fly Me To The Moon」を彷彿とさせるメロディラインを織り込んである。作詞した時点ではもうちょっと分量があったのだが、エピローグの締めとしてはやや長いのでカットされた。そのうちCaccinicaで本来の完全ヴァージョンを演奏したい。

以上。
これにて私の『マグダラなマリア』vol.2はおしまい。参加してくれたキャスト・スタッフ、ご来場の方々に多謝。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-29 21:23 | diary

出演情報(終了しました)

●2009年11月18日(水)〜28日(土)
マリア・マグダレーナ再来日公演『マグダラなマリア』
~マリアさんは二度くらい死ぬ!オリエンタルサンシャイン急行殺人事件~
脚本・演出


チケット発売 9月26日(土)〜
※追加公演 11月20日(金)14:00 日替わりゲスト・平田裕一郎

f0056516_1446874.jpg
f0056516_1446526.jpg
<東京>2009年11月18日(水)~23日(月・祝)/サンシャイン劇場  
<兵庫>2009年11月27日(金)・28日(土)/新神戸オリエンタル劇場 

【脚本・演出・音楽】湯澤幸一郎
【美術】丸尾末広
【料金】5,800円(全席指定/前売・当日共/税込)
【主催】マーベラスエンターテイメント/ネルケプランニング
【公演に関するお問合せ】ネルケプランニングTEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)
詳しくはネルケプランニングの
『マグダラなマリア』公式ページ http://www.nelke.co.jp/stage/magdara2009/
公式ブログ『魔愚堕裸屋くらしの手帖』http://yaplog.jp/magudara/
にてご確認のこと。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-28 23:59 | stage

神戸入り

私は前日の夜から神戸入り。実に10年ぶりの神戸だ。

今朝の小屋入り前に時間があったのでロープウェーで布引ハーブ園へ。
f0056516_127781.jpg
10年前の遊◎機械の公演時もロープウェーに乗ってハーブ園に行ったのだった。

キャスト達がゾロゾロと劇場に到着し、場当たり開始。順調に進み、早めに終了したので皆で中華街へ。
そしてホテルまで数人でテクテク散策して帰る。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-26 23:59 | diary

東京公演終了

昨日で東京公演はおしまい。四日連続の昼夜もなんとかキャスト達は乗り切ってくれた。舞台裏ではヘロヘロになってたけど。

終了後、一旦帰宅して荷物を置いてから飲み会に顔を出す。オフィシャルな打ち上げは前日に済んでいるので、こちらは有志での打ち上げ。
カラオケに流れ、皆は朝まで歌う様子だったが、私は3時頃に帰宅。

明日はイベントのリハの後、その足で神戸入りとなる。今日くらいはカフェでボンヤリしておこう。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-24 12:51 | diary

四日目

舞台は連日満員で、有り難い事である。そして昨日から四日連続昼夜公演スタート。昨日は14時と19時だったが、今日からは12時と17時。12時開演ってなんだ。帝劇か。

当然小屋入り時刻も早いわけだが、サンシャインのショッピングモールはほとんど開店前でさっぱり道中が楽しくない。その代わり終演も早いので、夜公演後は時間に余裕があるのだが、皆疲れているのか他と約束があるのか、さっさと帰ってしまった。

なのでコバケンと二人で韓国料理を食べる。
満腹になった後、タバコ(キャスターマイルド)が切れた。店で買い置きしてあるタバコはあるかと訊いたら何故かメンソール系しかない。仕方なくマルボロメンソールを買って一本吸ったところ、にわかに体調が悪化。ひたすら気持ち悪い。まさかインフルか!とビビって、コバケンを店に残して一人急いで帰宅。グエグエ言いながら部屋にたどり着き、一時間ほどしたら復調した。たまに慣れないメンソールを吸うと気持ち悪くなる時があるので、単にそれだったのだろう。いくらか疲れもあるのかも知れない。

肩凝りがヒドい。楽屋でマッサージ嬢とか雇ってくれないかな。

とりあえず湯船につかって寝る。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-21 23:35 | diary

二日目

小屋入り前に池袋で昼食を食べていると制作から「今どこですか?」と電話。私は入り時間をすっかり間違えていたらしい。

本日もつつがなく終了。明日から4日間連続の昼夜公演。死人が出なきゃいいけど。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-20 01:25 | diary

初日

てんやわんやありつつ、とりあえず初日が開けた。

寝る。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-19 00:24 | diary

グルグル買い物

本日小屋入り前日のオフ。しかし演出家として仕込みを放ったらかしにしておくことは出来ない。かと言って実は行ったところで何が出来るわけでもない。とりあえず夕方に顔を出しに行く。舞台上ではすでに美術が組み上がっており、照明のシュート作業となっていた。

ザッと見たところ、昨年と比べ、舞台のヴィジュアルがあからさまにグレードアップしている。明日これを観るキャスト達は相当テンションがあがるのではなかろうか。早く本番やりたいな。

あとはまかせた、と劇場を後にして、いろいろ買い出し。
[PR]

by maestro_k | 2009-11-16 23:59 | diary

ケーコ終了

この二日間で通し稽古三回。
トータルでは五回の通し稽古が行われ、これは通常よりも多い。残念ながらパーフェクトと言える回はなかったのだが、それは本番まで取っておく事としよう。

夕方より稽古場バラシ。楽屋に送る荷物と持ち帰る荷物をザザッと分け、後はスタッフさんにおまかせし、皆でソバ屋を経てから居酒屋へ。今回のカンパニーも皆仲良くワイワイやっていて楽しそうだ。

いよいよ劇場入りか。チケットは一般分はもとより、関係者分もほとんど手に入らなくなってきた。私が経験したうち、ここまでチケットが売れている公演は初めてと言って良い。ここをご覧の知人で「前日に頼めばどうにかなるだろう」と思っている方には、申し訳ないが今からでは観られない可能性が高いよ、とあらかじめ記しておく。

[PR]

by maestro_k | 2009-11-16 01:44 | diary

ヘコめ!

稽古の前半はダンスのおさらい。振付けの依田さんはいまだに万平くんと心平くんを間違える。「ちゃんと心平くんだと判ってたけど『万平くん』って呼んじゃったの!」と弁解していたが、そんなんだったら世の中どんな間違いでも言い訳できるではないか。

夕方から二度目となる通し稽古。Rくんゲストヴァージョン。まだポロポロとほころびがあるが、大方出来上がってきた。ただし稽古も終盤となると段々感覚が麻痺してきて、果たしてこの舞台が面白いのかどうか良く判らなくなって来る。本番になれば観客が決めてくれる事だからいいのだけど。
昨年の第一弾を見てくれた知り合いの役者の何人かは「あまりに面白いので、逆にヘコんだ」と言ってくれた。今年はそれ以上にヘコんでもらいたいものだ。

日替わりゲストのメンバーの多くは特に出番が予定されていない日でも見学に来てくれる。同じメンツばかりだと稽古場の空気が停滞してしまうのでとても有り難い。

[PR]

by maestro_k | 2009-11-13 23:59 | diary