来た、見た、撮った

イベント東京公演本番。朝から小屋入り。
とにかく撮りまくる。リハ、昼の部、夜の部とで合計8000枚以上。一日の撮影枚数としては自己新記録だ。シャッターの押し過ぎで右手がだるい。

公演はたいそう盛り上がっていた。地方公演に来て下さる方々も負けずに盛り上がっていただきたいものだ。18G程度に及ぶ画像データは後でまとめるのがしんどくなりそうだったので、DVD-R五枚に焼いて全て当日中に提出。

疲れたけれど、良い仕事納めだったな。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-30 23:59 | diary

広いなー

夕方に打ち合わせ。
有楽町に移動し、明日のイベントのための会場下見。東京国際フォーラムは施設が大規模過ぎて、どこに何があってどう進めばいいのかさっぱり判らなかった。そしてAホールはパシフィコ横浜と同じくらい広かった。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-29 23:24 | diary

最近読んでいる本

『不良少女伝』と『ネクロフィリア』。
f0056516_21101657.jpg
最近アウトプットばかりしていたので、しばらくはインプットにいそしむつもり。
『ネクロフィリア』はまだ序盤しか読んでいない。死体愛好者の日記形式。
『不良少女伝』は過去の新聞記事から不良少女に関することを収集して論じているもの。
面白かったのは芝居や浅草オペラなどに入れこんで身を持ち崩す少女が多数いたことで、彼女らは芝居小屋に入る金欲しさにスリやかっぱらい、ときには売春までする。窃盗で得た金で役者を座敷に上げて宴会を開いたりもする。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-20 22:30 | diary

観劇とはんだ付け

夕方、ハンズにてはんだ購入。はんだと言っても色んな種類があって、オーディオ用には銀入りが良いらしい。

スペースゼロにて舞台を見る。たまたま隣の隣が片岡Pだった。ゼロはタッパがあっていいな。
終わってからキャスト有志と飲み会。年末土曜日の新宿の居酒屋は大変な繁盛ぶりで、二時間で追い出された。

帰宅後、はんだ付けしてショートケーブルヴァージョン完成。
f0056516_0243356.jpg
ちょっと細身のケーブルだけれど、まあ良しとしよう。

最近なぜか携帯にぶら下がっている沖田。
f0056516_038172.jpg
一番好きなのは猿飛あやめだけど。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-19 23:59 | diary

打ち合わせと工作

水道橋にて打ち合わせ。何の打ち合わせかはまだ言えないが、いろいろ企んでいる訳である。

水道橋に来たついでに秋葉原まで足を伸ばす。何の用かというと、まず下の写真。
f0056516_22331568.jpg
先日購入したSHUREのヘッドフォンのケーブルがやたら長い。これでは外で使うのに不便だ。このケーブルは取り外して交換可能なのだが、残念ながら専用品のショートケーブルはまだ売られていない。

なら自分で作るか、ということで秋葉原にケーブルの部品を探しに行ったのだ。

外したケーブルのプラグ。
f0056516_2237858.jpg
真ん中がプレーヤー側の一般的なステレオミニプラグ。下がヘッドフォン側のプラグ。大きさが違う。これはいわゆるステレオ超ミニプラグで、しかもヘッドフォンに半回しでロック出来るように樹脂部分が独自の形状をしている。
で、一番上が買って来たステレオ超ミニケーブルのプラグ。

早速加工。カッターとヤスリという原始的ツールでオリジナルと同じ形状に削ってゆく。大体できたかな、というところで私の器用さをアッピールするための写真を見せたいのだが、残念ながら撮れなかった。

なぜなら、試しに装着してみたらピッタリはまったのはいいのだが、
f0056516_22431023.jpg
ピッタリ過ぎて何故か抜けなくなったのだ!無理に回して抜こうとすると壊れそう。

仕方ないのでそのままプレーヤー側のステレオミニプラグ組み立て。
f0056516_22472084.jpg
とりあえずこの状態でiPodに繋げてみたらちゃんと鳴った。後はハンダ付けしてカパッとカバーを被せれば良いのだが、ここで肝心のハンダが無い事が判明。

ということで今日はここまで。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-18 22:59 | diary

光の中の恋人、誘惑してね

夕方から赤坂にてラジオCM収録。
日本の代表的なラジオCM制作会社であるランダムハウスには私の事務所在籍時からお世話になっている。フリーになってからも声をかけてくれるのでとても有り難い。アニメではキャラの力で自分の台詞術の技量不足は多少ごまかせるのだが、音声だけのCMとなると改めて自分のヘタさが浮き彫りになって勉強させられる。ギャラもらって勉強してる場合じゃないけど。

表参道の古着屋で買い物した後、新宿ゴールデン街へ。すみれの天窓に顔を出してからソワレさんの店の前を通りかかると本人がいたので挨拶がてら茶をいただく。ソワレさんは以前「青い部屋」の店長を務めていた人で、Caccinicaや天然ロボットの公演でお世話になった。
店内では彼が大ファンであるところの河合奈保子の「ザ・ベストテン」出演時の映像を編集したものが延々流れており、80年代気分を満喫できた。タイトルは彼女の代表曲のひとつ『夏のヒロイン』のワンフレーズ。アイドル歌謡のエッセンスてんこ盛りの良曲だ。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-16 23:59 | diary

また牡蠣、と慰労会

昨晩は「ユザワ慰労会」が開かれた。私にタダ飯を奢る代わりにカラオケでいろいろ歌わせるという、昨年も行われた企画である。

スタッフのU嬢とN嬢とで私リクエストの渋谷西武のオイスターバーへ。二日前までに予約すると3980円で生牡蠣・焼牡蠣・カキフライが食べ放題なのだ。牡蠣は先日も食べたばかりだが、好きだから。

最初の一皿で一人あたり12ピース。
f0056516_14185380.jpg
追加は6ピースずつ、頼めばいくらでも出て来るという、牡蠣好きにとっては夢のようなコースだ。焼牡蠣やフライも合わせて30ピースくらい無心で食べる。

新宿に移動。Hくんおすすめの店でさらに人数が10名ほどに増える。
Hくんが用意してくれたケーキ。
f0056516_14244162.jpg
Hくんありがとう。たぶんそのうち『マグダラなグスタフ』という芝居が作られるかも知れない。

さらに移動してカラオケ。皆遠慮なく80年代歌謡曲をガンガン歌う。チェッカーズ、聖子ちゃん、明菜ちゃん、C-C-Bなどなど。3時近くまで。
あー楽しかった。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-16 14:37 | diary

備えあれば

EF70-200mm F2.8L USM、およびエクステンダー ×1.4のテスト撮影。ボディはEOS 5D MarkⅡ。
シャッター速度、絞り、ISO感度等は面倒なので割愛。

まず70-200mm単体での望遠端200mm。
f0056516_128312.jpg
中心近くのピクセル等倍。
f0056516_128491.jpg
問題なし。

鳥。
f0056516_1291850.jpg
ピクセル等倍。
f0056516_1295022.jpg
問題なし。

次に、エクステンダー装着時の望遠端280mm。
f0056516_131839.jpg
噴水の先端をピクセル等倍。
f0056516_1315294.jpg
問題なし。

ついでに、エクステンダー装着時の広角端98mm。200mm以下ならレンズ単体で撮るのがセオリーだが、ステージの撮影中にエクステンダーを脱着しているヒマはないので、たぶん付けっぱなしになるだろう。
f0056516_1331150.jpg
ピクセル等倍。
f0056516_1342267.jpg
問題なし。

というわけで首尾上々にて終了!
f0056516_1444420.jpg

[PR]

by maestro_k | 2009-12-12 23:59 | photo/camera

フラフラと予習

珍しく公共料金などを催促もされていないのに払ったりする。

故障して電源が入らなくなったポータブルアンプを渋谷で修理に出し、表参道まで歩き、アニヴェルセルにてリボコンの予習。
f0056516_23592447.jpg
日付を入れる機能がデジカメについているのを今日知った。

アニヴェルセルでは「表参道のイルミネーション期間はサービス料金として代金の15%を申し受けます。なにとぞご理解下さい」との注意書きがテーブルにおいてあった。そして1000円のカフェオレに追加で150円払わされた。
いやいやいや理解できんな。
そんなケチくさいことをアニヴェルセルはやっていたかしらと思い返してみたが、昨年まではその記憶が無い。というのも表参道のイルミネーションは11年ぶりの復活なので当たり前なのだった。

それにしてもイルミネーションでサービス料って何?他の店もそうしてるの?確かにイルミネーションにはコストがかかるだろうから、それを商店街で負担してるというのならまあ仕方が無いけれど、それなら地下や裏道にある、イルミネーションをそこから直接見る事はできないけれどコストの負担はしているという店も一律にそうすべきだろう。単に集客効果ゆえに繁忙期とみなしてアニヴェルセルだけが別料金っていうのなら腑に落ちない。集客が上がるなら、ただでさえバカ高いアニヴェルセルの単価を逆に値下げして欲しいくらいだ。

などと思いつつ、イベントでの担当曲を何度か聴く。

帰りの表参道。一本だけ赤い木があった。
f0056516_0163640.jpg
伊藤病院前の歩道橋は立ち入り禁止になっていた。たぶん撮影で人が上りすぎるのを防止する為だろう。

赤いDior。
f0056516_019372.jpg
交番前の歩道橋は立ち入り禁止になっておらず、果たして橋上では無数の人たちがカメラや携帯を構えていた。さすがにその中に突入する気にはなれず。

話変わって、我が家のヘッドフォン達。
f0056516_0251168.jpg
紫のがオーディオテクニカのエヴァ初号機ヘッドフォン、赤いのがオルトフォンのO-one(ULTRASONE・DJ1proのインピーダンス違いのOEM)、シルバーがSHUREのSRH750DJ。
SHUREはついこの間記事に書いたもので国内正式発売前なのだが、海外物を並行輸入で取り扱っている通販店舗があったので買ってみた。
これらはいずれもDJモニター仕様だ。別にDJタイプが好きということではなく、モノの取り扱いが杜撰な私にはヘヴィデューティーな方が良かろうというだけ。DJモニター用というと低音が派手な印象があるが、これらの三機種に関しては特に低音が前面に出るわけではない。低音強調型ではなく、どんな低音が来てもきちんと鳴らす低音耐性型と言った感じ。

イベントの予習をしながらいろいろ聞き比べたところ、私の中での評価は

一位 SHURE SRH750DJ
二位 オルトフォン O-one
三位 エヴァフォン

で、購入価格とは真逆の結果となった。

エヴァフォンだって決して不出来ではない。一定レベル以上ではあるけれど、他の二機種に比べて高音の伸びと遮音性においてやや劣る。

オルトフォンは個性的な鳴り方をする。ドライバと耳の間に穴空きの金属板を隔てた「S-LOGIC」なる独自構造により、音の空間は広いのだが、それがなんだか天井桟敷でオペラを聴いているようなよそよそしい感じを与える。プラスチックスなどのケロッとした打ち込み系を聴くにはかえって良い。

SHUREはとても優秀。パシパシと気持ちよく鳴る。14000円でこの音は素晴らしい。百花繚乱のヘッドフォン市場に満を持して参戦してきただけのことはある。ちなみに同メーカーだからなのか、愛用イヤフォンであるSHURE SE530に一番近い音だった。残念なのは、カッコイイと思っていたデザインがいざ頭に装着してみるとヘッドバンドがブヨーンと横長に広がってしまって不格好なのと、サイズ調整のスライド幅が狭く、特にデカ頭でもない私でもMAXに伸ばさないとフィットしない点だ。これは帽子の上から装着する場合に不便だが、女性だったらまず問題ないだろう。

そんなわけで、一万円台前半で優秀なヘッドフォンをお探しのデカ頭でない方には、SHURE SRH750DJをお勧めする。クリスマスプレゼントとしてねだってみたらどうだろう。
[PR]

by maestro_k | 2009-12-10 23:55 | diary

出演情報(終了しました)

●2009年12月7日(月)
メタリック農家presents「累累!(るいるい!)」 日替わりゲスト出演
at 下北沢駅前劇場

お知らせするのが遅くなったが、オムニバスの一編に出演の予定。チケットはもう発売中らしいので急いでご予約願いたい。
チケット予約フォーム
[PR]

by maestro_k | 2009-12-07 23:59 | stage