<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日じゃない日の

おたまじゃくし。
f0056516_0114929.jpg

[PR]

by maestro_k | 2010-04-29 23:59 | diary

久しぶりに

EOS 5D Mark2を持ち出す。
実はマリアさんのチラシ撮影時、メインレンズであるEF24-70mm F2.8Lが落下破損の憂き目に合い、修理の為にしばらく手元になかった。先日キレイに直されたものが戻って来たので、そのテストも兼ねて。

表参道の八重桜。
f0056516_22493462.jpg
一部を等倍で切り出し。
f0056516_22553080.jpg
改めて見ると凄い解像力。相当端っこの方なのに。

それはさておき、昨日ローライのケースの吊りヒモが千切れた。60年前の物だから革が劣化しているのも当然だ。ヒモはケースにカシメで留められており、一度バラして打ち直さないといけない。

できた。
f0056516_23331458.jpg













仲良くツーショット。
f0056516_23343068.jpg
思うに、国や鉄道が擬人化されてアニメになっているのだから、カメラだって全然いけるのではないか。

5D「ローライさん、何故ダメなんです」
ローライ「君の気持ちはもちろん嬉しいよ。しかし僕とはあらゆる面で違いすぎる」
5D「もう我慢できない。見て下さいズームがどんどん望遠寄りになってきました」
ローライ「おやおや。そんなになるなら、f11くらいまで絞った方がいいんじゃないかね。ほら」
5D「嗚呼!そんなに絞られたら被写界深度が、」
ローライ「どれ、プレビューボタンを押してみようか。ふうん、こんなになってしまって」
5D「お願いです、シャッターを、シャッターボタンを押して下さい」
ローライ「そんなことは出来ないよ。せいぜいセルフタイマーで我慢するんだね」

まあ、こんなのではないと思うけど。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-25 23:59 | photo/camera

寄る

ローライMXにクローズアップレンズを装着して近接撮影テスト。
二眼レフは近接撮影には強くない。単体だと80~100cm程度までしか寄れない。それ以上近づきたい時はクローズアップレンズを装着するのだが、一眼レフと違って近づくほどにファインダー像と実際の撮影画像のズレが大きくなるのでフレーミングに気をつけなければならない。

この時代のローライは10枚羽根の円形絞りなので、点光源のボケがまん丸でよろしい。
f0056516_12464074.jpg
ポジでは花の紫がキレイに出ているのだが、デジカメで複写したら白っぽくなってしまった。デジカメの赤と紫に対する弱さはいつ改善されるのだろう。
f0056516_12472097.jpg
ローライのテスト撮影は一通り済ませた。あとは実戦投入といきたいところだが、今どき仕事でフィルムを使わせてもらえることはまず無い。誰か捕まえてポートレイトでも撮るか。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-25 13:13 | photo/camera

終了

エアギア千秋楽の鏡前にて、Iくん撮影。
f0056516_12263693.jpg
今回の公演は結構意外な人が観に来てくれた。小劇場時代からの古い知り合いたちにとって、私が新たなジャンルで奮闘している姿は意外かつ新鮮なようだった。

先月のワークショップ参加者たちが多数観に来てくれたので終演後に新宿で飲み会。皆は朝までいるようだったが、私は眠気に負けて4時前に帰宅。タクシーから降りたらバラバラとみぞれが降っていた。

とにかく、大きな事故もケガ人もなく、公演を全う出来て良かった。それに尽きる。
ご来場の皆様に多謝。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-17 12:41 | diary

あと一回

昨夜は知り合いが沢山観に来てくれた。ワークショップ参加者の何人かも。終演が退館時間ギリギリなのでロクに話せないのが残念。

劇場横の公園のフリーマーケットで発見して、楽屋に飾ってある中原淳一の絵。
f0056516_7275783.jpg
知り合いが作って差し入れしてくれたマリアさんチロル。
f0056516_7294021.jpg
UFOキャッチャー王の酒井さんがくれたいくつかの景品のうち、ジャックの懐中時計。
f0056516_7304913.jpg

終演後は打ち上げ。千秋楽ではスタッフさんがバラシ作業に追われるので、打ち上げはその前日に行われるのが恒例。

さて今日でおしまいか。事故なく終わりますように。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-16 07:43 | diary

四日目

小屋入り前にカメラに入っているポジを撮り切りたかったのに雨。しかも寒い。なにこの寒さ?ここまで寒いならヒョウか雪でも降れば良いのに。大自然には敵いませんな。

私はソロ曲があるのに、今回なぜかM返しがない。M返しというのは本番前のマイクチェックやダンスチェック、声出しやウォームアップを兼ねた、歌のリハである。結構なパワーボーカル系なので声出しを十分にしておかなければならない。他のキャストがM返しでそれを賄える中、私一人が開場前の僅かなスキをみてアーアーと発声練習している。劇場は発声練習の場所としては最高に贅沢なところだ。なにせ実際にそこで出す為の声を出せるのだから。気が向くとラフマニノフのヴォーカリーズや布施明、MISIAなどを歌っている。全部うろ覚えだけど。こういう時でもないと、うろ覚えの曲を大声で歌えないからな。

終演後、Bくんとカフェへ。

首筋が凝っている。衣装やヘッドセットのマイク、ウィッグなど、日常的でないものを長時間身に付けていると凝ってしまうのだ。もうすぐ慣れる、はず。
さて寝よう。目覚ましを気にせず寝られるって、なんて幸せなのか。できれば三年くらい寝ていたい。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-12 23:59 | diary

初日

ゲネの後、あっという間に初日開幕。そして恙無く終了。個人的にはソロのロングトーンでビブラートの入りが一小節早まってしまったのが反省点。もちろんもっと反省点はあるのだけれど、微調整の範疇なのでおいおいアジャストしてゆくつもり。

明日から昼夜公演が連続するので皆早めに帰宅。私は一人でカフェで一服してから、のそのそと帰った。

さて『マグダラなマリア』の第三段、ではなくて第三弾の日程とキャストが本日発表となった。
http://www.nelke.co.jp/stage/magdara2010/
初演と第二弾、初参加組の入り交じった布陣。彼らをどう料理するかは全く私のタナゴコロの上の事であり、例えば新規キャストを「トン吉・チン平・カン太」などと名付けても誰にも文句は言えないのだ。
どんな話になるかは、すでにぼんやりと頭の中にある。それが前提でのキャステング。面白いだろうなあ。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-09 23:59 | diary

場当たり&デジカメ検定

朝からずっと劇場にて場当たり。出番の少ない私は楽屋でダラダラと過ごしているのだが、様々な要素が絡むこの舞台では色々と確認事項が多く、メインキャストやスタッフさんたちはまともな休憩も取れずに長丁場を乗り切っていた。

帰宅してからヤフーのインターネット検定「デジカメエキスパート」(無料)を受けてみた。
http://cert.yahoo.co.jp/beginner/digicam.html
手始めに二級。合格。ついでに一級。これも難なく受かる。あまりにあっけないので拍子抜けだが、良い気晴らしにはなった。合格者は3000円を払うと認定カードが購入できるようだが、別に要らないな。興味のある人はトライしてみたらどうだろう。

さて明日は初日。千秋楽までずっと、頑張らず、手を抜かず、やるべき事をやる予定。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-08 23:22 | diary

撮影&稽古

午前中から8月のマリアさん公演のチラシ撮影。本日は一名のみ。今回は私やキャストたちのスケジュールの都合により、全キャストを新規撮影というわけにはいかず、初参加のキャストのみを撮る事になった。実際のデザイン作業も初めてデザイナーさんにお願いすることにした。大体のアイデアを伝えてラフを作ってもらったところ、私が作るよりよっぽど素敵な仕上がりとなりそうだ。餅は餅屋ですな。

撮影終えて稽古場へ。衣装付きとしては最後の通し稽古。皆疲れはピークだろうが、ガシガシと前向きに汗を流している。一人平均2リットルくらいは噴出させているのではないだろうか。私は残念ながら汗のかきようのないポジションなので、ちょっと羨ましい。

さてマグダラなマリア第二弾DVDは皆ご覧になっただろうか。私の手元にはしばらく前に届けられてはいるのだが、まだ見る暇がない。安い価格ではないので10回でも20回でも見て元を取っていただきたいものである。その気があれば高校の演劇部などで上演してみたらどうだろう。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-04 23:56 | diary

通し稽古&DVD発売

本日は衣装を着ての通し稽古。前日より稽古場が移動となり、それまでより面積は広くなったが天井はやや低くなった。そのため声の反響が顕著となり、自分の台詞が自分でうるさい。

さて明日は『マグダラなマリア』第二弾公演のDVD発売日。昨年の第一弾DVDは初回特典版が予約分のみで完売してしまい、多数の方が手に入れられないという事態が生じてしまった。今回はおそらく充分に用意されている、と思われる。遠慮なくご購入いただきたい。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-02 23:59 | diary