いでででで

このコはいつまでたっても心を開かないな。
f0056516_0424720.jpg
首・肩・腰・腿の裏・ふくらはぎ・足首が、つまりカラダの背面がおしなべて痛い。音の出ないクラリネット並にポンコツだ。オロナミンCの空き瓶を沢山ぶちまけて、その上を仰向けになってゴロゴロ転がりたい。もっといい方法あると思うけど。
眠っている時も痛みで目が覚め、寝ぼけた状態でストレッチなどして、ちょっと回復して寝ると二時間後くらいにまた目が覚める。おかげで寝不足で生活リズムがグチャグチャだ。
おそらくベッドに半分寝そべった状態で執筆しているのと、そのまま変な態勢で眠ってしまうためにカラダが硬化しているのだろう。気付くとMacBookと添い寝している状態なのだ。執筆はどこかのカフェでちゃんと座って行うのが集中もできてよろしいのだが、現在の手持ちのバッテリー二個では持続時間に不安がある。もうひとつ新しいのを購入して三個態勢で挑むか、電源を使わせてくれるカフェを見つけるか。

さて明日はマリアさんの先行発売。明日の売れ行きと公演の評判で次回公演の有無も左右される。みな張り切って必要にして十分な枚数だけご購入いただきたい。たぶん面白いよ。

『マグダラなマリア』の特徴のひとつは、言うまでもなくオリジナル舞台という事だ。制作体制はいわゆるアニメミュージカルに分類される舞台からの流れを汲んでいるが、出版社もテレビ局も全く無関係で、創作的な面からいえばほぼ小劇場スタイル。ただし本当の小劇場でマリアさんを上演してもおそらく違和感があるだろう。ミュージカルとは言わないまでも、歌や踊りの表現はある程度の空間の大きさが無いとオーバースペックになる。駅前劇場でマリアさんが「It's Entertainment!」を熱唱しても観客は戸惑うに違いない。大きな劇場だからこそ歌や踊りでのオーバーな表現が有効になる。

80年代以前、小劇場界がもてはやされていた頃は小さな場でも客席には熱気があり、祝祭性が保たれていた。しかし現在はある程度の規模の公演にならないとそれは生じない。と私は感じている。
多くのファンを持つマンガやアニメ作品を舞台化するという作業はそれだけでファンやマスコミの耳目を集めるし、容易に祝祭性を演出できる。最近アニメやゲーム原作の舞台がポコポコと粗製濫造されているのは、それが商売になると気付いた人が増えたからだ。粗製濫造自体は悪いとは思わない。それは活況とも言い換えられる。面白い舞台ばかりじゃないのは仕方が無いし、それでも楽しめる観客がいるならば、劇場のスケジュールが埋まらずに小屋が減って行くよりはマシだ。

一方現代において新進の小劇団が誠実に作ったオリジナル作品で動員を伸ばし、一万人以上の公演規模を実現させ、自らの手で祝祭性を獲得する事は非常に難しい。それにはいろんな条件が揃わなければならない。『マグダラなマリア』は出資してくれる制作会社があるので小劇団の公演とは同列にできないが、それでも現在において動員一万人を超えるオリジナル作品は多くないし、その規模で作演出をやらせてもらえる人間は日本に数えるほどしかいない。はず。『マグダラなマリア』が第三弾で早くも16000人の規模に達するのは当たり前の事ではなく、奇跡的なことだ。

多くの観客は自分の好きな役者が出るから、という理由で見に来るのだろう。それは全く構わないし、観劇の動機としては至極真っ当だ。オリジナルである以上、初日が開かないとどんな芝居なのか観客は分からない。キャスト以外の判断材料が乏しいのも当たり前だ。しかし『マグダラなマリア』を観るという事は、実は現在の演劇界においてとりわけ例外的といえる現象を目にすることなのだ、ということを念頭においておくと、ちょっと別の楽しみ方も出来るかも知れない。

もっともそんなこと関係なく、「あー面白かった!」で帰ってもらえればそれでいいのだけれど。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-29 23:59 | diary

バからドンへ

先日久しぶりの下北沢にて駅前のスタバに寄ろうとしたら、すた丼になっていた。
f0056516_2331026.jpg
バがドンになっただけでだいぶ違う。

さて現在執筆中につき、しばらく更新は飛び飛びになる。二時間超(になるであろう)の歌入り芝居を一ヶ月ちょっとで書き上げるのは大変なのだ。
大学を辞めたばかりの頃はバイトの合間に執筆していて、「バイトしないで一日中書けたらなあ」というのが夢だった。今やその夢はかなった訳だが、かなったらかなったで大変なのに変わりはない。逆にバイトしていた頃の方が生活にリズムがあって、コンスタントに執筆できていた気もする。
何かバイトすればいいのか。家庭教師、もしくはすた丼か。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-26 23:22 | diary

突破点

プロット打ち合わせ以降、脚本執筆に入らなければならないのだが、今ひとつ踏み込めていなかった。
各々のエピソードは用意されていてもそれをひとつの芝居に仕立て上げる流れの要素が見つからない状態で、このまま書き進めてもなんだかギクシャクしてしまう。スムーズにするためには打ち合わせでは得られない脚本家個人の具体的アイデアが必要となる。こういうのはいきなり天から降って来るのではなく、常に頭の中で思考をめぐらしていなければならない。そしてある時コロリと出て来る。
そういうのは大抵どうってことない小さなアイデアなのだけど、ベアリングのボールのように大小に関わらず話を転がす要素となる。それをやっと思いついた。

7月頭には稽古が始まる。それまでの五週間で脚本執筆、作詞作曲、ワークショップをやり遂げないといけない。道で私に会ったらユンケルでも差し入れしていただきたい。気晴らし用にジャンクの二眼レフでもいいけど。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-23 10:39 | diary

夏っぽい

昼過ぎに打ち合わせを終え、久しぶりにスッキリ晴れたのでテクテク散歩する。

暑い。
f0056516_2314639.jpg

これは露出オーバー。もっと暗めに撮るつもりだった。f0056516_2333687.jpg

代々木公園ではいろんなバラが咲いていた。
f0056516_2355410.jpg
フィルムが切れたので以下デジカメにて。
f0056516_2363896.jpg
f0056516_237248.jpg
f0056516_2372713.jpg
痛みのない花を見つけるのはなかなか難しい。これは比較的マシだったので壁紙用。リンク
f0056516_239085.jpg
勤務中のハチ。
f0056516_23102782.jpg
そして休憩。
f0056516_23105451.jpg

[PR]

by maestro_k | 2010-05-21 23:15 | diary

打ち合わせとかチケット先行とかいろいろ

百獣の王、ネコ。
f0056516_12242374.jpg
朝っぱらからマリアさんのプロット打ち合わせ。朝3時過ぎまでウンウン唸って書いていたのだが結局まとまらず、中途半端な状態の資料を元に打ち合わせにて様々なアイデアをもらう。こんがらがっていた頭が随分整理された。

久しぶりのママタルト。
f0056516_12291910.jpg
渋谷をプラプラした後、横浜アリーナへ。夏のマリアさんに出演するキャストの様子を偵察しておかなければならない。といっても会場がデカ過ぎるので、ああ頑張ってるな、というくらいしか分からないのだけれど。
2年前に観たときに比べると知っている顔が随分増えた。私ももう15歳くらい若かったら、もしかしたら出ていたのかしらと思ったり、いや、あの頃の狭量な自分はエンタメ舞台には目もくれてなかったろうなと思ったり。

夏のマリアさんのチケット先行販売のお知らせをアップしておいた。今回は16000人規模という事でチケットは十分ある、はず。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-21 12:50 | diary

とりあえず生きている

更新が滞りがちなのは、単に忙しいからだ。

ちょっと前にハンズで余計な買い物をした。携帯カメラ用の「ポラライザー」、980円。
f0056516_1573944.jpg
普通のカメラで言うところのPLフィルター。これを携帯のカメラにペタッと貼り付け、クルクル回して調節しながら撮る。すると、

テカっていたセロハンが、
f0056516_1592250.jpg
クリアに。
f0056516_1595241.jpg

テカっていた葉っぱが、
f0056516_21745.jpg
クリアに。
f0056516_214223.jpg

白っぽかった景色が、
f0056516_223539.jpg
鮮やかに。
f0056516_231789.jpg
他にも、例えば池の鯉を撮るのに水面の反射を軽減したり、ショーウィンドウの反射を軽減したりできる。青空を色濃くする効果もあるので風景撮りを趣味にしている人にはPLフィルターは必携となっていて、それを携帯用に気軽に使えるようにしたものだ。面白いと思った人は買ってみたらどうだろう。

でも980円は高いな。普通の写真用PLフィルターなんて中古屋で400円で買えるのに。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-19 02:14 | photo/camera

オリンパスフレックスとDVDイベント

数日前、オリンパスフレックスB2型のジャンクを手に入れた。レンズはF.ズイコー75mmF2.8で、国産二眼レフの中でも最上級に位置する機種だ。それがたった5000円。なぜなら、

ピントグラスがカビだらけ。ひび割れているのではなく、カビなのだ。
f0056516_23142785.jpg
カメラの命であるレンズも、とんでもない状態。
f0056516_00569.jpg
クモリまくっている上、ミョウバンの結晶のようなものまで発生している。
普通の人にとっては触るのも憚られるような状態なのだが、生物学者が動物の糞に触れるのをいとわないのと同様、ジャンクカメラ好きにとってはこんなもの何でも無い。

オリンパスのズイコーレンズは国産レンズの中でも評価が非常に高く、二眼レフや蛇腹カメラはズイコーがついているだけで高級機の扱いだったようだ。しかしある時期以前のものはクモリが発生しやすい事が発覚し、実際にレンズのクモってしまった個体はジャンク扱いになっている。今回手に入れたのもそのひとつということだ。しかし機構には何の問題もなく、外観も綺麗だった。

で、ピカピカに。
f0056516_23261439.jpg
残念な事にシャッターの整備途中、劣化していた部品が一部欠けてしまった。それによって
・バルブシャッター使用不能
・シャッター速度1/400のときだけセルフタイマー使用不能
と、機能が制限されてしまったのだが、まあ普段使いに支障はない。

テスト。絞り開放でも良く撮れている。
f0056516_23342983.jpg


さて本日はマリアさん第二弾公演DVDの発売記念イベント。600名ほどの方々にお越しいただき、100体を越すケルベロスが集結した。せいぜい20体程度だろうと思っていたので面食らったのだが、「たまには裁縫してみるのもいいんじゃないの?と提案してみる」という私の目論みは予想以上に成功したということだろう。

[PR]

by maestro_k | 2010-05-15 23:09 | diary

無題

壁紙用その1。リンク
f0056516_1265094.jpg
その2。リンク
f0056516_1272358.jpg
先日の記事でFくんがマリアさん第三弾への出演を拒んだ事に関して書いた訳だが、コメントでも大した反応がないので放っておこうと思っていたら、本人から「オレそんな言い方してないですよね?」というクレームのメールが来た。
なので面倒だが補足説明を記しておく。つまり以下のような会話があった。

「Fくん、次のマリアさん出なよ」
「え、いいんですか」
「イヤならいいけど」
「いや出ます出ます」
「おかげさまで一回目より規模が大きくなったよ」
「次はどんくらいですか」
「フルキャパだと一万六千人」
「マジすか。いいんですか」
「なにが」
「いやもう、一万何千人とか、そういう舞台はちょっと、オレなんかが出るような…」
「イヤならいいけど」
「出ます出ます」

大体こんな感じだった気がする。先日の記述は上記を要約したもの。要約し過ぎたため、いろいろとニュアンスが削られてしまったらしい。ニホンゴムズカシイネ。

でも「渋々出演」っていうのは間違ってないと思うんだけど。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-10 23:59 | photo/camera

Camera!Camera!Camera!

知らぬ間に増えている。
f0056516_063439.jpg
左上から、
フレクサレット4型、リコーフレックスニューダイヤ(セイコー付き)、ルビテル初代、
ウェルタフレックス、ローレルフレックス、ローライフレックスMX。

これらのうち最初からまともに使えたのは最後のふたつだけ。あとは2500〜7000円のジャンクを自分で再生させた。再生品のうち三つは譲渡先が既に決まっている。

上段中央のリコーフレックスには特に手間取った。3500円の激安で手に入れたはいいけれど、4枚構成の撮影レンズのうちシャッター後ろの平面が真っ白に曇って、視界ゼロ状態。アルコールで拭いても、どうあがいてもクモリが取れない。どうもレンズのガラス自体が変質してしまっているようだ。仕方がないので研磨する。本当は素人がレンズ研磨なんて絶対にしてはならないが、真っ白なレンズのままでは何も撮れない。

で、磨いてピカピカになったは良いが、手磨きの悲しさで完全な平面にならず、周辺部分が痩せてしまった。おまけに研磨のせいか元通りに組み立ててもピントが全く合わず。試行錯誤の末、なんとかピントの合うセッティングを発見し、テスト撮影。

ちゃんと写った。
f0056516_04034.jpg
拡大。開放近くのf4ではレンズ変形の影響でソフトフォーカス状態。
f0056516_0423378.jpg
下はf11。だいたいf5.6くらいからシャープになるらしい。昼間はオレンジの花がパカパカ咲いていたのに、夕方になったらみな閉じてしまった。面白いな。
f0056516_0444192.jpg
女の子は開放でソフトフォーカス、風景は絞り込んでシャープにと使い分けが出来る。焦点距離も80mmで、二眼で一般的な75mmよりも少しだけ望遠寄りなのでポートレイトに良さそうだ。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-07 01:03 | photo/camera

『マグダラなマリア』って芝居、面白いね

執筆の参考に第一弾・第二弾のDVDを見返した。キャラクターや人間関係の復習のため。まあ客席で何度も観てるんだけど。

自作舞台のDVD(と言ってもマリアさんしかない)を観るなんて、まずない。舞台の作・演出家は舞台上の事にしか興味が無いから、DVDの製作は基本おまかせで、仕事と言えば出来上がりにOKを出す事くらいなのである。
で、参考資料として見始めたDVDであるけれど、

面白いな。

自分で作っといて言うのもなんだが、面白い。もちろんキャストやスタッフが面白さを何倍にもしてくれているので、私の手柄なんて僅かなものだけれど、自分が関わっているかどうかを抜きにしてこれは面白い。
もちろん反省点は沢山あるので、それは様々な事情が許す限り改善してゆく所存。

マグダラなマリアをやっていて嬉しいのは、キャストやスタッフが「是非またやりたい」と言ってくれることだ。唯一、再出演に対して難色を示したのはFくんだけである。彼に第三弾の出演を打診したとき、「いや無理です。オレがそういう舞台に出るとか、あり得ないです」と拒まれた。結局渋々出てくれることになったんだけど。
劇団公演ではなく興行なので赤字になればそこでシリーズはストップになってしまう。そういうことに関係なくFくん以外のみんながやりたがってくれ、幸い集客も好調で規模を拡大しつつ企画が続いている。そんな幸せな舞台はそうそうない。
[PR]

by maestro_k | 2010-05-05 23:59 | diary