ニコニコニーコ終了

本日千秋楽。無事終了。
『ニコニコニーコ』は予想外と言ってはおかしいが、相当追いつめられてギリギリのタイミングで仕上がったにも関わらず、非常に評判が良かった。まあ稽古初日に台本が完成していてもつまらない芝居はつまらないので、仕上がりのタイミングと出来は本来あまり関係がない。

客足も日に日に伸び、週末三日間は完売。千秋楽は立ち見が出るというので、演出家の私も座席を諦め、楽屋にて配信映像を見るハメになった。
いろいろと普段の芝居とは違った今回の舞台は相当印象深いものになった。女性だけの舞台というのは宝塚という例外を除き、動員的には苦戦を強いられる。『ニコニコニーコ』も前半こそ空席があったけれど、日程が進むに連れて評判が広まり、尻上がりに客が増えた。これは嬉しい事だ。

出演者は皆仲が良いので稽古中にも良くペラペラおしゃべりをしていて、おそらく全員が私に「うるさい。」と注意されたはずだ。そのおしゃべりの元気なパワーが上手いこと舞台に乗って観客に伝わってくれたかなあと思っている。

とりあえず今年一番のハードな時期はなんとか乗り越えた。劇場およびネットで観てくれた方々に多謝。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-27 23:59 | diary

活動情報(終了しました)

●2011年3月17日(木)~27日(日) 
ニコニコミュージカル #003『ニコニコニーコ』脚本・演出


会場:シアターグリーン(池袋)
リアルチケット2500円/ネットチケット800pt 
[PR]

by maestro_k | 2011-03-27 23:59 | stage

連休終わり

本日もワークショップ後に劇場に駆けつけてソワレの二幕だけ観る。WSにしても芝居にしても演出家として集中力を使いながら見続けないといけないのでなかなかしんどい。

今日はアニメで一緒のIくんが来てくれた。いつも髪がパヤパヤと立っているのに今日はペタッとしていた。後ろの席の人の邪魔にならないように気を遣ったのだろうか。

某女優がてっきり私も出演するのだと思い込んでいたらしく、マリアージュのお茶を差し入れてくれた。
f0056516_1191851.jpg
お茶の箱がオルゴールになっていて、開けるとホフマンの舟歌が流れてくる。

稽古ピアノのえびさわくんが誕生日という事で、キャスト・スタッフ十数名で飲み会。
帰路に着き、小雨の表参道をテクテク歩きながら、大学を辞めてから初めてのバイト先へ通う道が表参道だったなあと思い出す。渋谷からバスで行った方が断然近かったが、少々時間がかかっても表参道を通過してみゆき通りのギャルソンやヨウジヤマモトの前を通って行くのが楽しみだった。あれからもう十五年経ってしまった。みゆき通りのショップ群は当時とはだいぶ変わってしまったが、ギャルソンとヨウジは変らず営業しているのが嬉しい。
私も相変わらず買いに行く金はないけど。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-22 02:01 | diary

二日目と三日目とWS

初日が開けた翌日からワークショップ開始。さっぱり休むヒマがない。それを言ったらキャストやスタッフは当然もっとヒマがないので文句は言っていられない。

WSではごくごく基本的なことから。つい先日まで本番の舞台を作り上げる作業をしていたので未経験者たちの動きが歯がゆくも感じるが、WSとはそういう人たちに舞台演技の感覚を伝える場だから当然といえば当然か。

昨日今日と、WSを終えてすぐさま劇場へ。すると到着直前にまた地震。どうなったかなと恐る恐るロビーに入ると、ちょうど一幕ラストのシーンが続けられていた。一応、震度5クラスの場合は上演を止めて避難してもらうという手筈になっているが、今回は震度4でギリギリセーフだったとのこと。観客の反応も落ち着いていて、何とか続行できたらしい。

三連休は前日の夜から数えれば七連チャン公演というハードな日程となる。まあ、みんな若いから平気か。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-19 23:59 | diary

初日

無事初日が開幕。ゲネの出来があまりにたるんでいたので軽く絶望したのだが、本番になってやっと本来あるべき面白さが立ち上がってきた。同じ脚本、同じ段取りでもテンポの緩急で芝居の面白さが全く違って来る。
私の作る芝居においては会話のテンポとリズムが命なので、ミスを恐れて安全運転したり役者個人の勝手な感情で間を埋めたりするのは最もやってはいけないことだ。そして男優より女優の方が自分の感情に寄っかかる傾向があるので、女優オンリーの場合は特に掛け合いがマッタリしてしまいがちになる。演じる方はそれで気持ちが良いかも知れないが、芝居にとってはキミの独善的間合いは知ったこっちゃないから軽快な掛け合いをしてくれとずっと言い続け、初日になってやっと求めていたレベルに達して来た。私としても脚本の完成が遅かったことへの負い目があり、あまり厳しく稽古場でテンポを追いつめることはしなかったのだが、いざ本番の幕が開くとなるとそうも言っていられない。テンポを多少上げる事自体に技術的な困難はさほどないので、本番直前でも一度演者たちの中でコンセンサスが生まれれば、後はそれをキープしてもらえれば良い。

周囲ではイベントや公演の中止が相次いでいる。「こんな時なのに」とか「こんな時だからこそ」とかいう議論は私には存在しない。私は芝居を作って生活している人間なので、どんな時だろうが豆腐屋が豆腐を作るように芝居を作るだけだ。それは私に限らず、エンタメに関わって暮らしている人間は皆そう望んでいるだろう。エンタメ業界の人間、特に生活に保証のない演者という立場に身を投じる人間は、一般の人が考えている以上に自分の人生を賭してその世界にやって来る。別に公演中に地震が来て劇場で死んでしまうなら、それはそれで本望なのである。別にヒロイックな感情でもなんでもなく、芝居をやれなければ一文の価値もない人間なので、自分の価値が生じる場所にいたいだけの話だ。
もっとも、それを観客に強要するつもりなど毛頭ない。あくまでもエンタメはエンタメであり、どんな企画が流れてしまおうと、観客にとっては楽しみのひとつが減って残念、という程度の認識が当たり前だ。交通も不便な状況だし、不安や心配をおしてまで来場していただかなくても良い。数千人規模の大きなイベントだったら安全性確保を優先して中止するのが妥当だろう。『ニコニコニーコ』の場合は劇場が広くなく万が一の時にも避難誘導がスムーズに行われるであろうこと、劇場自体が新耐震基準を満たしていて安全性が高いことなども考慮され、上演できる運びとなった。幸せなことである。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-18 10:14 | diary

仕込み

東北地方を中心に随分大きな被害が広がってしまったようだ。実家の盛岡では丸一日停電の後に復旧したとの連絡があった。こんな歴史的な災害が、何の前触れもなくいきなりやって来るのだな。

20日に予定されていたマリアさんのDVDイベントは中止になってしまったが、『ニコニコニーコ』は上演を敢行する。キャストやスタッフたちは何度も電車での帰宅が出来なくなってしまったりと相当苦戦を強いられた状態で頑張っている。その甲斐あって『ニコニコニーコ』は非常にユニークで楽しい芝居に仕上がった。
本日から劇場での仕込み。夜に様子を見に行く。舞台美術は九割方出来上がっていた。誰もが客席に足を踏み入れた瞬間、「この芝居は絶対面白いに違いない」と思ってくれるだろう。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-14 23:59 | diary

参ったなあ

稽古場に行くのを遅らせ、いよいよ脚本を書き終えようとしていた時にいきなり地震。どんどんどんどん揺れが大きくなり、こりゃまずいなー、死ぬかもなーと思いつつ、とりあえず立てかけてあるだけの姿見を手で押さえる。向こうでガランと音がして、カメラのガラスケースの戸が開いてローライとフレクサレットが転げ落ちた。二眼レフは重心が高いからな。

揺れが収まり、姿見とガラスケースをガムテープで仮止めし、何とか脚本を終わらせる。データを送信し、稽古場に向かおうと外に出ると、近くの小学校の校庭に人が避難して集まっている。道にやたら人が多い。そして電車が止まっており、タクシーも全く空車なし。我が家は日本有数の繁華街の近くなので、それだけあふれる人も多いのだ。そして稽古場から本日の稽古中止の知らせ。わー、残り僅かな稽古日程が!

とりあえず私は無事。渋谷や青山近辺で帰宅の目処が立たない知人がいたら連絡下さい。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-11 21:18 | diary

冷蔵庫 has come!

注文していた冷蔵庫が来た。
f0056516_0392066.jpg
床の色に合わせたダークブラウン。あまり冷蔵庫っぽくないところが気に入っている。自動製氷機がついていて、勝手にガラガラと氷を貯めてくれる。

しかし自炊率0.5%の私であるから、今のところ何も入っていない。しばらくはただのレッドブル保冷庫になりそう。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-10 23:59 | diary

御生誕記念日

3月7日は私の御生誕記念日である。いつもならのんびりと楽しいバースデーを過ごすのが決まりであったが、今年は絶賛稽古中で、しかも女優のみの現場であるから何かしらサプライズされてしまうのだろうなー恥ずかしいなーと思いながら現場に向かう。
しかし稽古場移動日という事もあり、バタバタとしているうちにそんなこともすっかり忘れ、休憩後に稽古を再開したとたんにサプライズ発動。忘れていた上に予期しないタイミングだったのですっかり不意を突かれた。
「11人の美女より」と書かれたケーキをいただく。
そしてみんなから指輪と腕輪のプレゼント。
f0056516_01221.jpg
蛇は知識と財産と長寿を呼び込むのだそうだ。確かに私には全部欠けているな。

残念だったのはケーキに書かれた「11人の美女」をどこにも発見できなかったことだが、40歳の誕生日を賑やかに祝ってもらえたのだから良しとしよう。ここでのお祝いコメントにも多謝。

[PR]

by maestro_k | 2011-03-07 23:59 | diary

シャワーカーテンの向き

告知をひとつ。
3月14日の月曜日、南青山マンダラにてCaccinicaでチェロを弾いている泰山くんのレコ発演奏会がある。私は絶賛稽古中で残念ながら行けないので、代わりに行ってあげていただきたい。詳細は泰山くんのHPで。
http://www.seigetusha.net

さて、シャワーカーテンを使っている人は、どちらを表に向けているのだろう。
カーテンを設置するときはバスタブの外にいるからついつい外表にしてしまいがちだ。しかし今回新たなシャワーカーテンを設置する際、「カーテンの模様は自分がシャワーを浴びているときに正しく見えるようにすべき」と気付き、そのようにした。普通の室内カーテンは表が室内側に向かっているのだから、シャワーカーテンも同様にバスタブ側を表にするのが道理だろう。別にどっちでも実用には差し支えないけれど。

iPodを直差しできる真空管アンプ、VTS-384。
f0056516_10332642.jpg
内部回路が全てアナログという、いまどき気骨のある製品だ。まともに買うと結構高いが、外装チョイ傷有りの新品が半額程度で通販されていたので購入。外部入力や外部スピーカー出力もあり、iPodとは関係なく普通のプリアンプとしても使える拡張性が有り難い。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-03 10:46 | diary