どっかいった

ヒジキのために買って来た人参は、ヒジキが全く興味を示さないために冷蔵庫の中で萎びてしまっていた。人参の葉っぱなら食べるかも知れないと、頭を切り取って水に浸してみたがさっぱり葉っぱが出て来ない。萎びてしまってもうダメなのかと思っていたら、3日目あたりから緑が出て来た。
f0056516_2326550.jpg
食べさせてやるくらいに伸びるにはまだしばらくかかりそう。

さて、数日前に買って気に入って使っていたペリカンの万年筆が行方不明になってしまった。昨日稽古場から持ち出してパンツのポケットに入れ、タクシーに乗って打ち合わせ現場に行った時にはもう無かった。タクシーに置き忘れたのかとレシートを元に問い合わせてみたが見当たらないとのこと。あー結構高かったのになあ。まあ仕方ない。ウダウダと惜しがっても戻って来る訳ではない。おとなしくモンブランが調整から帰って来るのを待とう。

連日の稽古とその他の仕事で少々疲れ気味。台詞が頭に入って来ない。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-30 23:40 | diary

代筆

最近、モンブランのマイスターシュテック149の調子が思わしくなかった。インクの出が多過ぎて画数の多い字を書くと潰れてしまうし、乾きも遅い。なによりインクの減りが早過ぎる。
これは149自身のせいではない。テーブルから何度か落下したため、ペン先がやや変形してしまったのだと思われる。渋谷の某百貨店にショップがあると教えられ、ペン先の調整に出す。二週間の預かりで、調整代は一万五千円。高いなあ!

で、代車と言うか代筆と言うか、サブ万年筆を購入してみた。ペリカンのスーベレーンM400。
f0056516_23375973.jpg
本当はもうちょっと大柄のM600にしたかったのだが、気に入った白はM400しか出てないとのことだった。
で、使ってみると小柄さが意外に良い。おそらく女性がターゲットなのだろうが、男の手でもメモ書き用にはちょうど良いサイズ。149はしょっちゅう持ち歩くには立派過ぎるので、普段使いにはこちらの出番の方が多くなるかも知れない。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-24 23:50 | diary

二郎と梅

稽古前にたまたま三田に寄ったのでラーメン二郎の本店に行ってみる。小汚いビルの一階が店舗で、7、8人が並んでいた。食べ物のために並ぶほどムダな時間の使い方はないと思っている私だが、三田に来る事も滅多に無いので我を折って行列に入る。二郎系はその過度なボリューム感で知られている。量と油が尋常ではない。店舗の前にはドリンクの自動販売機が二台あり、「脂肪の吸収を防ぐ」というお茶がズラッと並んで売られていた。なんだこのマッチポンプ。

テーブルに座ってドンと出て来た山盛りのラーメンを見て後悔する。朝から何も食べておらず、これは朝食としてさすがに重過ぎる。
とにかく麺だ。二郎の場合、キャベツともやしと極厚チャーシューの下に埋もれている麺を一刻も早く片付けなければいけない。真っ正直に上の野菜から取りかかっていては麺がドンドン膨れていつまで経っても食べ切れなくなってしまうのだ。
なんとか麺を平らげ、チャーシューをふた口かじってギブアップ。この時点で見た目は普通のラーメンの量と変わらない。

そこはかとない敗北感を味わいながら稽古に向かう。某女優が私のためにいつもおにぎりをひとつ余分に作って来てくれるのだが、この日はさすがに入らなかった。

帰宅後、梅を漬ける。今年は3キロ。
f0056516_10135564.jpg

[PR]

by maestro_k | 2011-06-24 10:23 | diary

相変わらず

稽古。そして帰宅したらまた別件でデスクワーク。頭がボンヤリする。

タカポンが収監された。
別にこの世から消える訳ではないし二年半待てば会える日が来るのだけど、本人が獄中で味わうであろう孤独を考えると切ないな。美酒と美食と美女が大好きな人なのに、それが二年半も断たれてしまうのは辛かろう。まあシャバにいても美酒と美食と美女に縁がない私のような人間もいるから、ちょっとくらい我慢の時期があってもいいかも知れない。

たまたまコンビニで買ってみたコロン。
f0056516_0225521.jpg
甘過ぎる、というか甘さしかない香りで、とてもじゃないがオッサン向きではなかった。でも使う。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-23 00:24 | diary

いろいろ

相変わらず稽古。地下で空気がどんよりするのでムダにレッドブルを飲んでみたり。
終了後、新宿にて10月のマグダラのプロット会議。私の書いたメモを元にあれこれと。第四弾となる今秋の公演だが、今度で今までの流れを一旦総括しようかと考えている。

近所のMIU MIUのワンピが可愛らしかった。
f0056516_1101858.jpg
たぶん値段は可愛くないのだろう。
南青山に住んでいると、様々なブランドのショップがご近所さんとなる。ギャルソン、ヨージ、アンダーカヴァー、ツモリチサト、プラダ、ミュウミュウ、カルティエ、マーク・ジェイコブス、イッセイ・ミヤケ、TOCCAなどなど、すべて徒歩五分ほどのところに密集している。それらのディスプレイを観て帰宅するのは楽しい。引っ越してからまだどこにも買いに行ってないし、買う金もないけれど。

ヒジキに関して最近判った事。ニンジンは嫌い。リンゴが好き。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-20 11:13 | diary

売れてるの?

先日のマグダラ再演は再演なのでDVDは発売されない。収録もしていない。その替わり、というわけではないが舞台写真と動画が電子書籍という形で購入できる。

http://shop.imaga.jp/contents/bookinfo/815

で、購入サイトであるiMaga Booksでは、マグダラ再演の電子書籍の売り上げがウィークリーランキングの一位になっているではないか。すごいな。つーか、二位がバイク本の「YAMAHA WR250R/X マスターズブック 2008年6月号」って、どれだけマニアックなランキングなのだ。

6月5日〜7月5日まで一ヶ月間のみの期間限定販売なので、ご存じなかった方は忘れないうちにご購入願いたい。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-18 13:46 | diary

ジッツォにマンフロ

10年以上使っていたベルボンの三脚の雲台が随分前に壊れていた。部品を買って直せない事も無いが、せっかくなのでもうちょっと軽くて剛性の高いモノを買う事に。

中古屋で脚はマンフロットの055XB、雲台はジッツォのG1277Mを見つけて購入。いずれも型落ちだが性能には問題なし。
f0056516_11485874.jpg
写真や動画を撮らない人にとって三脚など何でも良いように思われるかも知れないが、実はとても重要なアイテムだ。仕事用の重いカメラを支えるには造りの良い、しっかりした物が必須となる。ノブを軽く締めるとビシッと決まって微動だにしないのが気持ちいい。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-17 12:04 | photo/camera

打ち合わせと稽古と執筆

午前中に某舞台の打ち合わせ。これは秋のマグダラの新作のさらに後になる。詳細はそのうち。
午後から稽古。
夕方に私は終了。帰宅して、少し前から中断したまま進んでいなかった『ユリイカ』宮沢賢治特集号の原稿を書き上げる。マルチタスク向きでない私の脳はグルグル回って遠心力で千切れ飛びそうだ。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-16 02:11 | diary

告知

本日23時半より、ニコニコ生放送にて『美沙子の月1南青山 in 湯澤さん家』。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv52707787

ヒジキをお披露目と、なぜかヨガを習う予定。スペシャルゲストも遊びに来る!かもね。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-14 09:23 | diary

行って帰る

名古屋に行って来た。
DVDの特典映像収録も兼ねて、大人キャスト4人は公演前日の深夜から車で移動。どしゃ降りで視界不明瞭の高速道路を突き進んで行くのはなかなか怖かった。

地方公演の楽しみは食事だが、今回はあまりゆっくりすることもできず、打ち上げでたこ焼き屋に行ったのみ。
f0056516_1011752.jpg
そんな訳で名古屋を満喫とは行かなかったけれど、現場は気易い雰囲気で楽しい地方公演だった。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-13 10:10 | diary