休演日だけど

昨日は一週間振りの休演日。でも昼からワークショップ。
今日も昼からワークショップ。そして夜に『TEXAS』本番。

なお、本日23時より「マグダラジオ」第七回放送。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86401997
[PR]

by maestro_k | 2012-03-27 10:40 | diary

チャーチ!

『TEXAS』東京公演は順調に進んでいる。

今日初めて自転車で小屋入りしてみた。PARCO劇場の周辺には確実な駐輪場がないため、楽屋の廊下まで持ち込む事になる。それはダメだと制作さんに事前に言われてはいたけれど、殺される訳でもないだろうからと試しに持ち込んだらやっぱり「ダメって言ったのに!早く隠して下さい!」と怒られた。キャスト用の駐車場スペースはキープされてるのに駐輪場がないとは不公平だな。

チャーチのOXLEYというモデル。
f0056516_21325938.jpg
デザインがシンプルでどこにでも履いていけそうなので、ガンガン履き倒してシワとツヤを加えてゆくつもり。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-25 21:49 | shoes

DVD

さてマグダラの『恋のカラ騒ぎ』が21日に発売になった。まだ時間が無くて観ていないが、公演時のエピソードをちょっと書き留めておく。

・ローズマリーがマッチョになったとき、脚本上では「片手で腕立てする」となっていた。しかし「すいません片手だとできません」というので仕方なくエキスパンダーになった。あんなにキレた体してるのに。

・アナスタシアのラストの曲は稽古最終日の三日前に急遽追加になった。ちょうど私のイベント出演で稽古が数日中断しており、イベントからバスで新宿に帰って来た際、皆でカフェで休憩中、iPhoneで15分ほどで作詞した。そうでもしないと本当に時間がなかったのだ。ちなみに歌詞を短期間で覚えられるよう、あいうえお作文で書かれている。

・マリアさんがグレイスの泣き顔を撮ろうとしていた「いいカメラ」はライカM3。


意外と思い出せないな。またそのうち。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-25 10:41 | diary

ラバソ

昨日今日と昼はWS、夜は『TEXAS』本番。
WSの前期では二日間だけの担当なので大したことはできなかった。それでも一曲を覚えて発表してもらう。

載せるのを忘れていた、公演二日目に観に来てくれた佐藤陽子。
f0056516_2347817.jpg
天然ロボットに最初に出てもらった時はすっとぼけた19歳だった。それが今年英国の大学院を卒業して向こうで職を探しているという、すっとぼけた国際派になっていた。
ロンドンに行った旨をブログに書いてから、佐藤を含む複数名より「連絡くれたら会えたのに!」というメールをもらった。意外と英国には古い知り合いがいたのだな。

さてジョージコックスのラバーソール。定番中の定番の白。
f0056516_23532563.jpg
いい感じのソールの減り具合。
f0056516_23544574.jpg
一足は持っていたいなと思っていたところ、かなり薄汚れた状態のものを格安で発見。キズや破れはなかったので買ってクリーニングしたら相当キレイになった。コックスのラバーソールはオフィシャルで張り替えサービスがあるようなので安心してソールをすり減らしてゆこう。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-23 23:40 | shoes

最終回

『美沙子の月1』最終回。最終回なのに貧乏メシというテーマでご馳走し合った。

終了後、お世話になったスタッフさんも交えて全体打ち上げ。
f0056516_10432784.jpg
澤の字が怪しい事になっているがまあいいや。

美沙子との番組は最近の生活の上で最も楽しみなことのひとつだったので最終回は寂しいけれど、誰もこれでもうおしまいという雰囲気でもなかったので、そのうち復活することもあるだろう。

さてマグダラのDVDが発売になった。AmazonのDVDステージ部門の売り上げランキングではファントムに挟まれて8位に食い込んでいる。
f0056516_10475370.jpg
瞬間最大風速とは言え、すごいなマリアさん。現在はしばし入荷待ちの様だが、皆遠慮せずガンガン注文していただきたい。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-22 10:50 | diary

マグもろた

『TEXAS』三日目も無事終了。春分の日だったのか。

昼公演のみだったので表参道周辺をプラプラと。マーチンショップに寄ったら「前にお渡しするのを忘れていたので」とマグカップをもらった。
f0056516_0204157.jpg
先日マーチンのスタンプカードがいっぱいになり、景品としてミニチュアレザーバッグをもらった。それは人に譲ってしまったのだが、このマグカップももらえるはずだったようだ。予期してなかったからちょっと嬉しい。

明日は本番後、『美沙子の月1』の最終回。テーマは貧乏メシ。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-21 00:33 | diary

ゲネプロ&プレゼント到着

『TEXAS』の場当たりとゲネプロは恙無く終了。明日から公演開始。平日はまだチケットがあるようなのでご都合のつく方はいらしてみていただきたい。


さて、遅れまくっていた自分へのバースデープレゼントが到着。

どん。
f0056516_223828.jpg
靴の箱まるだしのままで送られて来た。清々しいくらい素っ気ないな。

どどん。
f0056516_22392934.jpg
タータンチェック生地の1460。実はずっと前から欲しかったのだが、国内ではレディースサイズしか売られていない。海外でもあまりUK9は見当たらなかったのをやっと見つけてオーダーしたのだった。革よりずっと軽くて通気性もいいので春夏に向いてそうだ。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-16 22:47 | diary

どれにしようかな

『TEXAS』はすでに小屋入りして着々と場当たり中。三日間も場当たりにかけられるなんて劇場のプロデュース公演ならではだ。黒字が至上命令のマグダラではそんな贅沢は考えられない。

マーチンのユニオンジャック。ローカット。
f0056516_152030.jpg
8ホールのブーツヴァージョンは現行品で販売されているが、ローカットは見た事が無い。古着屋で発見してサイズも合ったので思わず購入。ただしコンディションは良いとは言えず、ソールがすり減ってツルツル。お店のお兄さんも「こういう状態なんで…」と千円値引きしてくれたくらいだ。
マーチンはオフィシャルでのソール交換はしてくれないのでソールがダメになったら基本的におしまい。修理店によっては別の種類のソールや、中には純正のソールに張り替えてくれるところもあるが2万ほどかかる。さすがに私にはソール張り替えの技術も器具もないので、とりあえず応急処置で修理中。

途中経過。
f0056516_145316.jpg
すり減ってるとはいえ、まだデコボコは残っているので、まず「Shoe Goo」というゴムパテのようなものである程度埋めた上で貼る。端の部分は改めて埋めてから削って始末するつもりだが、キレイに仕上げる自信は全くない。

で、靴ひもを黒のままにしておくか、

赤か、
f0056516_154513.jpg
赤チェックかで悩み中。
f0056516_161063.jpg

[PR]

by maestro_k | 2012-03-16 01:07 | shoes

パーマですよ

昨日。
『TEXAS』稽古おしまい。終了後、ZAZAにて役作りのために軽いくせっ毛程度のパーマをかけてもらう。

ZAZAは今年の中頃に店舗を移転するとのこと。今はマンションから徒歩10分くらいのところにある。遠くなったら不便だなあと思ったら、徒歩3分くらいのところに近づいてくれるらしい。有り難い事だ。

パーマ終わってそのまま稽古打ち上げに。皆はカラオケまで流れるようだったが、私は一軒目を出て帰宅。



さて英国に「ブリティッシュ・ブーツ・カンパニー」というサイトがある。
http://britboot.co.uk/engine/shop/index.html
英国ストリート系ブランドの品揃えが豊富。ジョージコックスもあるし、マーチンだとオフィシャルショップのHPからはすでに消えてしまった旧製品なども売っている。

こんなのとか。
f0056516_05821100.jpg
こんなのとか。
f0056516_059247.jpg
こんなのも。
f0056516_0592732.jpg
日本では店頭でもHPでも見た事が無い。人と違ったマーチンをお探しの方にはいいのではないだろうか。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-14 01:13 | shoes

丸一年&やっと来た

昨年の地震から丸一年経った。引っ越したばかりの部屋で『ニコニコニーコ』の脚本を執筆していたなあ。芝居なんて不謹慎だとか節電しろとかいろいろ言われた中での公演だった。
実際周囲では中止になった公演やイベントも多く、それはそれで諸々の方面への配慮の結果なのだから仕方ないのだろうが、不謹慎だから公演するなという人たちは公演関係者のギャラまで補償してくれるわけではない。おかげで収入が減って大変な人たちも沢山いた。被災地の方々は言うまでもなく比べ物にならないくらい大変なのだが、結果として『ニコニコニーコ』のネットチケット収入は被災地への募金に回されることになったので、事なかれで公演中止してしまうよりは有意義だったと考えている。

『ニコニコニーコ』の本番の上演ではカットされたが、本来の脚本には「人がいっぱい死ぬよ」という台詞があった。これは地震発生前に書かれたものでもちろん震災とは無関係なのだが、役者本人から「自分の現在の心情に折り合いがつかないのでこの台詞は言いたくない」と申し出があった。彼女の気持ちも判るが、役者個人のセンチメンタリズムで脚本を変更することなどあり得ない。「プロなのだから言いなさい」と突っぱねた。しかししばらくしてから結局その台詞はカットし、本番では直接的でない言い回しに変更した。彼女はホッとした様子だった。後から「どうして変えてくれたんですか?」と訊かれ、「キミ個人の感情を考慮した訳じゃない。あの台詞が芝居とは無関係のノイズを観客の心情に発生させる可能性が高い。それが作品にとって良くないから」と答えた。彼女は納得してくれたようだった。彼女に限らず、いろんな感情が渦巻いた公演だったな。


さてさて、やっと到着。プレゼント用。
f0056516_11111125.jpg
靴底厚めの質実剛健なローファー。シューツリーに燦然と輝くALDENのロゴ。
f0056516_11114875.jpg
なんか自分のも欲しくなって来たな。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-12 11:19 | diary