もう千秋楽

マグダラはもう東京公演が本日で終了する。平日公演になってから過去公演のキャスト含め知人の来場が増えた。よく世話になっている演出家のKさんも初演以来の観劇に来てくれた。
「初演の時は客席の雰囲気に違和感があったけど、だいぶ観客の反応が大人になってきたよな」
という。初演から丸四年経って真っ当な観劇眼をもって観てくれる人が増えて来たということだろう。

個人的にはもう動機がミーハー心であろうとそうでなかろうと観に来てもらえる分には構わないと思っている。結局マグダラに関してはクリエイト面を一手に引き受けてる以上、自分の作りたいようにしか作れないので、さまざまな動機で見に来る観客全てを満足させることはハナから不可能だ。
劇団時代に自分で何十万も自腹を切ってやっていた頃に比べたらとても幸せな創作環境だし、その頃は観客に何か批判的なことを言われても「こっちはアンタの何十倍も金払ってんだよ!」と荒んだ気持ちで反発するしかなかったのが、今はギャラが保証された状態でやれているから、プロとして観客を喜ばせる最低限のラインはキープしつつ、存命作家としての表現欲とエンタメのバランスを取ってゆければいいなと思う。

現在のマグダラの抱える課題は「演劇のメインストリームから完全に無視されている」ということで、じゃあ何がメインストリームかということもあるのだけれど、少なくともPARCO劇場やシアターコクーン、帝劇などの「現代日本演劇のメインストリーム的な現場」に関わっている方々との繋がりがほとんどない。これはマグダラの始まりがいわゆるアニメミュージカル系の流れから派生したということに一因があるが、マグダラはもとよりアニメミュージカルではなくオリジナル舞台であるから、「畑が違う」と色眼鏡で見られる筋合いはない。だから今回や前回のように広く認められた実力派の方の出演はとても嬉しかった。なんとか黒字も保っていて、多くの劇団が欲する助成金という生活保護で芝居するようなカッコ悪いこともしなくて済んでいる。相当な優良物件のはずなんだけど。
色々考えた結論が、なんだ、じゃあ自分がメインストリーム(のひとつ)になればいいか、ということだった。
問題解決。

ラフォーレ近くで。窒息プレイ!
f0056516_11172536.jpg

[PR]

by maestro_k | 2012-11-30 12:42 | diary

恙無く上演中

『マグダラなマリア 〜ワインとタンゴと男と女とワイン〜』大絶賛上演中。
三日連続の昼夜二公演という山場はなんとか乗り切った。残りの平日公演チケットもほとんど売れつつあるようで、これは開演してからの評判が上々であるがゆえだから非常に嬉しい。キャストたちも十二分に手応えを感じているようで、作演出家としては何とか責任を果たせたかなと言う感じ。

なお、今回物販で第三弾と第四弾の上演台本が出ていたのだが、東京公演分は売り切れのようだ。どうしても手に入れたい方は神戸公演に行く友人に頼むか、後ほどの増刷分を通販か何かで購入していただきたい。上演台本なんてそんなに売れると思ってなかったのでね。
台本を手に入れたからには上演したいという方もいらっしゃるかも知れない。やれるもんなら是非やってみていただきたいものだ。

以下、写真いろいろ。

東映ビデオさんが差し入れしてくれたお弁当。
f0056516_11101480.jpg
お手伝いのO嬢が作って来てくれたおにぎり。ただし半分くらいはお母さんのOEMではなかろうか。
f0056516_111059100.jpg
三連休の間、劇場の目の前では全国物産展が開催されており、いつもはマックや中華の出前を頼むしかなかった楽屋での食事が随分彩り豊かなものになった。
2300円もしたのどぐろ寿司。
f0056516_11124266.jpg
差し入れしたプリン。
f0056516_11154540.jpg
食べ物ばっかりだな。キャストの顔が見たいと言う方は是非劇場で。
[PR]

by maestro_k | 2012-11-26 11:31 | stage

ワインとタンゴと男と女とワイン初日

ゲネの後、初日も無事終了。「ブラボー!」の声も出て、幸い大好評であった。有り難いことである。楽屋には某アイドル嬢や某アイドル声優嬢も訪れて華やかなことであるよ。

楽屋で初日乾杯して、行けるキャストで飲み会。マグダラの本番中の飲み会はあまりうるさくなくて良い。平均年齢が高いこともあるが、皆疲れ切って騒ぐ余力がないのだ。
さて本日の夜公演から怒濤の七連チャン開始。皆喉を大切にして乗り切って欲しい。
[PR]

by maestro_k | 2012-11-22 11:19 | stage

稽古終了!

マグダラ第五弾『ワインとタンゴと男と女とワイン』稽古終了。
今年後半はニコニコニーコと合わせ、5ヶ月で二本の新作ミュージカルの脚本・演出・作詞・作曲をすることとなり、やれるのかいなと不安に思っていたが何とかやり遂げた。今度ばかりは死ぬかと思ったけど。これで出演までしていたら本当に大変だったろう。あとは観客の皆さんに観ていただくばかりだ。

稽古中に誕生日を迎えたたかりんさん。
f0056516_245788.jpg
近所にACNE STUDIOができるらしい。
f0056516_2475912.jpg
この通りにはすでにアンダーカヴァー、マッキントッシュ、Y-3のそれぞれの旗艦店が並んでいて、さっぱり人通りがなくて閑静なくせに、妙に豪華なファッションストリートとなっている。

初出の靴たち。
マーチンの5ホールの二色コンビ。
f0056516_2515210.jpg
チャーチの超定番ストレートチップ。
f0056516_2525095.jpg
マーチンの10ホールの赤エナメル。
f0056516_2561463.jpg
最近、さすがにそうそう簡単に靴を買わなくなってきた。忙しいというのもあるが、紳士靴に関しては大抵のタイプは揃ってしまったし、マーチンも40足を超えるとなかなか新規のものに手を出す気にならない。
今さらだけど。
[PR]

by maestro_k | 2012-11-19 03:16 | shoes

脱稿!

『ワインとタンゴと男と女とワイン』無事脱稿。マグダラ史上最高傑作になる予定。

執筆のお供。
f0056516_291033.jpg
もっと優雅に執筆したいものだが、紅茶ではもはや眠気覚ましにならないのであった。
[PR]

by maestro_k | 2012-11-13 02:12 | diary

重大(でもない)発表

ぐおおおおおー!
頭の中が100%マグダラしかない。稽古でマグダラ。帰宅して執筆でマグダラ。もう少しだ。もう少しで書き終わる。「ユザワからさっぱりメールの返信が来ない」という方々はもうしばしお待ちいただきたい。
そうそう、今回コバーケンの幕間ショーは無い。

予約してあったマーチンの三色コンビ。
f0056516_10222198.jpg
webで見ていた画像より実物は落ち着いた色合いだった。作りが随分大きく、いつもよりワンサイズ落としてUK8にしたのだが、それでもノーマルなUK9より大きめ。
[PR]

by maestro_k | 2012-11-08 10:24 | shoes