ワークショップ10月期募集

ワークショップ10月期開催


初心者の方歓迎です。お気軽にご参加下さい。参加は1日からでもOKです。

・期間 2017年10月17日(火)〜10月20日(金)
・場所 都内スタジオ
・時間 12時半〜17時半
・参加費 3000円/日
・ワークショップ内容 肉体訓練、ゲーム、エチュードなどを通し、舞台俳優として必要な心身を整えます。

参加ご希望の方は、
・参加日程
・氏名
・年齢(18歳以上)
・簡単なプロフィール(演劇歴など)
・バストアップ写真(写メ可)
をyuzawa.ws.info@gmail.com までお送りください。折り返しスタジオの場所等の詳細を返信いたします。ツイッター(https://twitter.com/yuzawakoichiro)のDMでも受け付けます。


[PR]

by maestro_k | 2017-09-20 22:05 | ワークショップ

ナショナルのストロボケーブル

さて先日100円で買ったサンパックのストロボは調子に乗ってテスト発光させていたら頓死してしまった。

一応、他にもクリップオンストロボは持っている。ただしナショナル(パナソニック)の古い物。小さいのは130円のジャンク品、大きいのは同じくジャンクで2000円くらいで手に入れたPE-36Sという割と多機能で高性能なもの。
f0056516_13183895.jpg
ナショナルのストロボはシンクロケーブルの端子が独自規格で汎用ケーブルが使えない。そしてスコパーHOLGAではケーブルがないとストロボは使用できない。しかしこのナショナルのケーブルが中古屋ではなかなか見つからず、ヤフオクで出ていないこともないがやたら高い。
というわけでなんとかすることに。

比較的見つけやすいKakoストロボ用ケーブルを100円で購入。ヤスリでガリガリやって、なんとなくナショナルの端子っぽい形にする。
f0056516_13250787.jpg
要は接点が触れて二極がショートすればいいのだ。

差し込んでみると多少浮いているがカチッとハマって簡単に外れる様子はない。
f0056516_13292982.jpg
光った!
f0056516_13321603.jpg
iPhoneで撮ったので分かりづらいが問題なく発光。これでHOLGAにとっては無駄に高性能なPanasonic PE-36Sも使えるようになった。でもHOLGAより重くてバランスが悪いので普段は小さい方にするだろう。

[PR]

by maestro_k | 2017-09-10 13:15 | photo/camera

いい買い物

いい買い物をした。
渋谷の東急百貨店「世界の中古カメラ市」に行く。こういう催事での主役は常にライカであるが、今のところ用がないし買えもしない。一通り回って目の保養をしたところでジャンクコーナーに行き、外付けストロボを見つける。100円。
f0056516_20261310.jpg

スコパーHOLGAは645判で画面が縦位置なので縦型のストロボが欲しかったのだ。

装着するとこんな感じ。
f0056516_20261406.jpg

横位置にもなる。
f0056516_20261515.jpg

発光部を前に引き出すと首を上下に(縦位置の場合は左右に)振ることができ、バウンス撮影も可能。
f0056516_20261699.jpg

本当はもっと小さくて安っぽい物でも良かったが、100円でバウンス機能まであるなら別に文句はない。交通費の方が高くついた。

[PR]

by maestro_k | 2017-09-04 19:43

HOLGA改造その3

撮影機能に関しては過不足なくなったスコパーHOLGAだが、普通のカメラと比べて足りないものが二つある。アクセサリーシューと三脚座だ。

オリジナルはストロボ付きなのでアクセサリーシューあるいはホットシューは無用ということなのだろうが、改造にあたって内蔵ストロボの配線をカットしてしまったので外付けを使わざるを得ない。またオリジナルはシャッター速度が1/50〜1/60固定だったが改造でスローシャッターも使えるようになった以上、三脚座は備えておきたい。

というわけで軍艦部?を開ける。巻き上げノブは接着剤で軽くとめられており、マイナスドライバーでこじ開けるとビスが出てくる。計3本のビスを外せば軍艦部はパカっと取れる。
f0056516_22332399.jpg

グリグリとストロボ上部にビス穴を開け、ジャンクから摘出したシューを接着剤も併用して取り付ける。ついでにテカリ気味だったファインダー内部を黒板ペイントで塗っておいた。
こんな感じに。
f0056516_22332471.jpg


続いてボディ下部。
f0056516_22332571.jpg

穴を開け、これもジャンクから摘出した三脚座を内部から接着。内面反射防止に黒板ペイントで塗装。
地味ながらちゃんとした三脚座になった。
f0056516_22332630.jpg

これでストロボや距離計も付けられ、三脚使用も可能の普通のカメラに。費用0円。
f0056516_22332753.jpg


[PR]

by maestro_k | 2017-09-02 21:25