披露宴&『大西洋レストラン』千秋楽

『大西洋レストラン』千秋楽。

劇場入りの前に、帝国ホテルの披露宴会場へ。D社のK会長の結婚式および披露宴の準備が行われている。この披露宴におけるサプライズのひとつで「新郎新婦のなれそめを朗読劇で紹介する」という企画の脚本を依頼されていた。自分の稽古も終盤に差し掛かった時点での急なオファーで余裕はなかったのだけど、数分程度の短いものだし、お祝い事だし、面白そうなので引き受けさせてもらった。
で、この読み手がなんと声優TさんとOさんだという。某アニメ好きとしてはお二人に自分のくだらないホンを読んでいただくだけでも恐縮だ。おまけに当日リハに来て二人に演出をつけろと言われて愕然とする。しかし私の書いたホンだから私が演出するのが筋な訳で、そこはお二人が最高司令官とその息子であろうが、演者としての大先輩だろうが、逃げちゃだめなわけである。
限られたリハ時間の中で、可能な限りニュアンスやイメージを伝える。お二人ともプロ中のプロなので、たちどころにホイホイと仕上げてくださって見事なものだった。
こちらも公演中なので肝心の本番を見られなかったのは残念だが、スタッフさんからは「大受けでした!」とのメールが来てひと安心。


『大西洋レストラン』は昼夜二公演サラリと無事終了。
今回はいろいろと幸福な舞台だった。執筆時点でひとりでウーウーと病み、それが稽古場に入ってからキャスト陣の存在感と演技、H ZETT Mさんのピアノという要素で、不安がドンドン溶けていった。それでも客受けの悪さは覚悟していたのだが、それも初日以降の評判の良さでこちらが拍子抜けするほどだった。

今回の脚本はマグダラなどに比べればだいぶサービス不足である。余白を多く残し、そのかわりエンタメ成分としてはピアノと歌とステージングで十分でしょ?ユーモアはあってもギャグはないよ?という高踏派な作り。天然ロボットやCaccinicaを見て来ている方々にとってはユザワは元々こういう感じだよね、というものでも、昨今のイケメンエンタメ舞台に慣れた観客には肩すかしに思われるだろうと予想していた。私の作品に常につきまとうエロティシズムや、余白の意図に対する受容体がないと、今回の舞台を楽しむ作業はとたんに困難になる。もちろんホンのぶっきらぼうさをキャストの存在感やH ZETT Mさんのピアノでカバーできた事が大きいけれど、私の想像以上に観客の受容感度は高かったようで、それはとても有り難いことだった。
初日に来ていたケラさんが千秋楽も見に来てくれた。自腹で。緒川さんが出ているとはいえケラさんが舞台をリピートするなどとても珍しいことで、ああ本当に気に入ってくれたんだなと嬉しかった。芝居よりピアノを聴きに来たのかも知れないけど。

以下セットリスト。

M0『大西洋レストラン』 脚本執筆以前に、H ZETT Mさんがタイトルイメージから作ったテーマ曲。今回は芝居前後に持って来て、作品全体のテーマ曲とした。

M1『Welcome to Atlantic Ocean!』 船内レストランのシーンが始まるときの曲。賑やかで、これからお芝居が始まりますよ!という期待感を抱かせるイメージでと注文。

M2『ニコラ・テスラ博士』 ダイナモの営業マンのエピソードの後、エレクトリカルなレトロ・フーチャーのイメージでと注文。

M3『バレエ・バレエ』 モダンバレエの前のクラシックバレエ、さらにその前のロマンティックバレエの踊り子を歌った曲。マグダラの『It's Entertainment!』にも通じる、芸事と風俗の未分化状態がテーマ。

M4『ドリアン・グレイ気取りの婚約者』 浮気者の婚約者を持った女の嘆きと、そのしたたかさを歌った曲。

M4.5『(タイトルなし)』 主人公である女性の不安感と芝居上の幾らかの時間経過、キャストの着替え時間を考慮し、なんか一曲入れといてくださいと稽古途中で注文したもの。一小節分のテーマだけ私が提示し、そこからHさんがドコドコと変奏を展開していった。

M5『可哀相な少年』 完全なる耽美楽曲。曲想も歌詞の内容も純耽美系。Caccinicaで演奏しても全く違和感はないだろう。そういえばH ZETT MさんのピアノはCaccinicaのAYAちゃんとはまたタイプは違うのだが、指の強さと早さはほぼ同等で、Hさんのピアノを聴く度に私はAYAちゃんのピアノを思い出していた。AYAちゃんもやっぱり上手いんだよなあ。

『私が十四歳になったら』 楽曲ではないのだけれど、途中で詩の朗読をどうしても入れたかった。これは10年前の天然ロボットの『12のカプリース』という小品中のワンピースだったもので、今回緒川さんに読んでもらったら大層素敵だろうなと思ったのだ。空間密度や芝居とのバランスを考えて当時よりも3分の2くらいに刈り込んである。

M6『調律師のエチュード』 船の沈没前、調律を終えたピアニストがピアノに最後の別れを告げる曲。という設定は後からしかわからないのだけど。脚本における注文には「88鍵を全て鳴らす感じで、バッハのインベンションからリストの超絶技巧になってゆくイメージ。」と無責任に書かれている。そのピアノを最高に鳴らしてあげて、パタッと蓋を閉めて去って行くのが素敵だなと思ったのだ。実際に88鍵全てが鳴っているのかは知らない。

M7『Welcome to Atlantic Ocean!』 流れ着いた島で歌手とピアニストが奏でるリプライズにもならないリプライズ。レストランのオープニングと対照的に、気の抜けたイメージで。


今回の舞台はDVDにもならないし、サントラも出ない。舞台ってもともとそういうものだし。ただH ZETT Mさんの今後のアルバムに楽曲が収録されるという可能性はあるから、『大西洋レストラン』を思い起こすよすがを欲する方はHさん方面にかけあってみたらいかがだろう。

これにて私の『大西洋レストラン』はおしまい。ご来場していただいた方々に多謝。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-27 12:10 | diary

打ち上げ

早いもので明日は千秋楽。そして今日は昼夜二回公演の後にロビーにてささやかな打ち上げ。「全員揃いました」と言われても、キャストもスタッフも少ないので本当にちょっとしたホームパーティー程度。

料理は衣装の屋島さんのお父さんがやっているお店から。美味かったなあ。ロビー打ち上げでバーニャカウダーとかそうそうない。
f0056516_2275972.jpg
明日は小屋入り前に別件の仕事があるのでさっさと寝る。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-26 02:32 | diary

初日でございました

『大西洋レストラン』初日。大過なく終了。

今回はいつもより観客へのサービスを控えめにして、自分で素敵だと思える世界構築に重点をおいている。なので終演後の拍手がパラパラと戸惑い混じりのものであってもまあ仕方ない、と腹を括っていたのだが、実際いただいた拍手は思いのほか力強いものだった。開き直って強がる必要も感じぬくらいに観客には受け入れてもらったようで、本当に有り難いことだ。世の中にはたっぷりお金をかけたスペクタクルな舞台も沢山あるけれど、今回のようにサラッとシンプルな見せ方でも素敵に作ればちゃんと伝わるのだなあ。

もちろん私だけの手柄なはずもなく、キャストは短い稽古期間で台詞を覚え、ニュアンスも理解してくれているし、スタッフワークも過不足無く良いシンプルさを作りだしてくれている。H ZETT Mさんは私の「バッハのインヴェンションっぽい感じからリスト的超絶技巧曲へ」などという、言うだけなら簡単でも作って弾くのはこの上なく面倒なはずの注文に見事に応えてバラバラと弾きまくってくれている。ちなみに劇中で演奏されている曲は全て今回のための書き下ろしなので、是非とも劇場で体験していただきたい。

Oくんやケラさんが観に来てくれていた。ケラさんに私の舞台を観てもらったのは何年振りだろう。「いやー、面白かったよ」と褒めてくれた。「短くてスッキリまとまってるし」というので「まあナイロンよりは短いですね」と答えたら「余計なお世話だよ」と言われた。
実は作演出家としての私を最初に評価してくれた作家はケラさんで、15年くらい前に観てもらった芝居をとても褒めてもらったことで芝居を続ける自信もついたのだ。全然その恩に報いたことはないのだけれど、今回緒川さんに出演していただいて、その芝居を面白いと思ってもらえたなら、これはもう作家として恩返しはしたということでいいんじゃないかしら。まだ足りないかしら。足りないなら生ハムセットくらい付けたって全然構わない。

当日券は用意してあるので、観劇を迷っている方はフラッと博品館劇場に足を運んでいただけたら幸いだ。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-23 01:29 | diary

稽古終了

『大西洋レストラン』稽古終了。
執筆中はだいぶ追いつめられて軽く病み、数日間音信不通になっていたとは思えないくらいに素敵な芝居になってホッとした。今回はキャストわずか五名と言う小規模公演なのだが、それだけに洗練された仕上がりになっている。と自負している。
当初は楽曲演奏と朗読劇という想定で、それゆえ予定されていた稽古期間も短かかった。しかし稽古初日にキャストから「朗読より普通の芝居の方がやり易い」という意見が有り、じゃあそれでいきましょうということになった。そもそも朗読用として書いた脚本なので覚えることを前提にしておらず相当込み入った台詞にしてしまったのだが、みなガシガシ覚えてくれるものだなあ。私には無理だ。

今回は紅一点で緒川たまきさんが参加してくれている。緒川さんは日本でもトップクラスの「素敵な女性」だ。声がいいし上手だし綺麗だし品があるしで、スカウターで見たらその素敵力は凄まじいものになっているだろう。今回は彼女の存在感に助けられている部分が沢山ある。世代が一緒な上、サブカル人間として共通体験が沢山あるので話が通じて有り難い。稲垣足穂やクラウス・ノミの話を同時にできる人は私の回りにもそうはいないのだ。

稽古終了後、牡蠣を食べに行く。久しぶりの牡蠣は美味かった。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-19 23:22 | diary

シャンパンイベント

『大西洋レストラン』稽古の合間を縫ってイベント出演。なんというのだろう、有名シャンパンメーカーのコンセプトパーティのようなもので、上顧客を招待してディナーとショーを楽しんでもらうもの。
最近はイベントの賑やかしのような仕事はほとんどしていなかったし、スケジュールも余裕があるとは言い難かったのだけれど、古い知り合いであるドラァグクイーンのマーガレットさんから珍しくお声掛けがあり、「バロック的なイメージで」というのが面白そうなのでやらせていただいた。

映画のカストラートのイメージで製作していただいた衣装。
f0056516_943305.jpg
出席者は皆綺麗なドレスを着こなしていて華やかだったし、役者でなく歌手として人前に出るのも久々だったので楽しかった。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-18 09:49 | diary

だだだだだ、

脱稿。朝五時くらいまでにはと思ったのに、結局仕上がったのは八時だった。仮眠を取って稽古場へ。
立ち稽古。ああ素敵な舞台だ。どのくらいの人々に面白いと思ってもらえるかはわからない。そういう観点で作っていないので。マグダラとかイケメン芝居に慣れている人たちをポカンとさせてしまうかも知れない。でも今回はそれでいいのだ。好き勝手やるのだ。

ウルヴァリンの1000マイルブーツ。キャップトゥ。
f0056516_0292310.jpg
シングルソールで内羽根式ゆえ、だいぶスマートな感じ。f0056516_030883.jpg
ホワイツと並べると随分違う。ラオウとトキくらい違う。
f0056516_032448.jpg
華奢に見えるし、ワークブーツとしては非常に軽量なのだが、「1000マイル歩いても壊れない」というのが謳い文句でとても頑丈なようだ。ワークブーツには興味があるけど重くて、という女性にお勧め。レディースサイズがあるか知らないけど。

よし、寝る!
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-15 00:42 | shoes

DVD発売イベント

マグダラ第五弾の発売記念イベント。買って下さった方々を迎えてのトークと握手会。
会場エントランスに展示されていた昔の消防車?
f0056516_222258.jpg
最近執筆で鬱々とした日々が続き、人前に出る機会は久しぶり。しかも直接マグダラファンの方々とお話しできたというのは随分励ましになった。

当たり前だけど来て下さった方々は皆マグダラが大好きで、私の作品を楽しんでくれているし、「これからも楽しみにしています」と沢山言って下さる。「大西洋レストランも行きます!」という方々も沢山いた。なかなかファンの方々の声をダイレクトに聞く機会が無いので、こうやって自分の作品を待ち望んでくれていることを伝えてもらえるのは本当に有り難い。ここのところずっと「誰も自分の存在も作品も顧みてなんかくれないんだよなあ」という闇を抱えつつあったのが、俄然前向きな気持ちになった。お調子者だからね、おだてられるとなんだかんだ立ち直る訳ですな。

今日履いていたWhite's(ホワイツ)のセミドレス。水牛革。
f0056516_264951.jpg
f0056516_263242.jpg
下駄のごときソールとヒール。ゴツい割に足首からヒールへの曲線が妙に艶かしくて美しい。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-12 02:46 | shoes

ぐ、具合悪い!

執筆で集中していたところ、ひじきがケージの中でダン!と床を踏み鳴らす。苛ついたり警戒したりしているときの行動だ。何だコノヤロウ邪魔するなとケージから取り出し、両手で抱えた状態でグルグル回る。目を回しておとなしくさせようという狙いで、ほれ、と部屋の床に離したらひじきは一瞬ヨレッとなったと思ったのも束の間、すぐに立ち直っていた。逆に私が目眩に襲われてグエエと吐き気が続いている。最近まともに運動しておらず、ヘタな入院患者より安静状態の生活なので急な回転運動についていけなかったようだ。

ひじき通常ヴァージョン。
f0056516_21455056.jpg
立ち耳ヴァージョン。
f0056516_21463254.jpg


[PR]

# by maestro_k | 2013-05-07 21:48 | diary

解答

さて先日の問題の正解は、

Bの扉。

Bの扉に変更した方が、当たりの確率が倍になるのだ。
「残りの扉はふたつなんだから、どちらも1/2で一緒でしょ?」とも思われるのだが、実際は数学的に確率が異なることが証明されている。

面倒なので、個人的に最も判り易いと思われる説明をすると、
「あなたが三つの扉から選んだAの当たる確率は1/3のまま。当たりのドアを知っているお友達が残したBには、ハズレであったCの当たり確率1/3が加算される」ということ。つまり、

Aが当たる確率=1/3
BもしくはCが当たる確率=2/3

お友達がCがハズレだとバラしたので、

Aが当たる確率=1/3
Bが当たる確率=2/3

となる。

「いやわからん、ふたつ残ってんだからどっちも1/2だろ」
という方には、もう少し直感的な説明。

扉がA〜Zの26枚ある。当たりはひとつ。あなたはAを選んだ。
お友達は「じゃあひとつ残して、ハズレの扉を開けるね」とBだけを残し、C〜Zの24枚の扉を開けた。
あなたが26枚から選んだAと、当たりを知っているお友達が残したB、扉がふたつだからといって、当たる確率が同じに思われるだろうか。

どうしても納得いかないという方は、トランプでも使ってお友達と実際に統計を取ってみたらいいんじゃないかしら。


ちなみにこれは「モンティ・ホール問題」と呼ばれる。米国のゲームショー番組における、景品の車を当てるコーナーがその由来だそうだ。
マリリン・ボス・サヴァントというコラムニストがこのコーナーに関する読者からの質問に「ドアの選択を変更すべき」と答えた。これがおバカタレントだったら別に問題にならない。しかしマリリン・ボス・サヴァントはIQ228というギネスにも認定されている世界一の知能指数を持つ女性だった。そんな彼女に全米から「あんたがそんなバカな間違いをするなんて」、「違うと思いまーす」、「恥を知れ!」、「素直に謝っちゃいなよ」などと非難が殺到した。一般人はおろか、数学科の大学教授たちも躍起になって彼女の間違いを証明しようとした。でも結局正しいのは彼女だったのだ。

そんな訳で、正解した方には知能指数世界一の女性と同じ答えだったという名誉を差し上げます。
[PR]

# by maestro_k | 2013-05-07 02:25 | diary

三つの扉

問題
彼氏が欲しいと日頃ぼやいていたあなたに、お友達が「あなたと付き合いたいと言ってるイケメンがいる」と言いました。
A、B、Cの三つの扉のうち、どれかひとつの扉の向こうにイケメンがいます。残りふたつはハズレです。あなたが扉をひとつだけ選んで開け、見事当たればイケメンと出会えるのです。もちろんお友達は、どの扉が当たりかを知っています。

お友達は言いました。
「まず扉をひとつだけ選んで、まだ開けないで。」
あなたは迷った挙げ句、Aの扉を選びました。
「じゃあここでヒントをあげる。残ったBとCのうち、ハズレの扉を一枚だけ開けるね。」
お友達はCの扉を開けました。確かに誰もいない、ハズレの扉でした。
「AとB、改めて選んでもいいよ。どうする?」

さてAとB、どちらの扉を選んだ方がイケメンと出会う確率が高くなるでしょう。

1、Aの扉
2、Bの扉
3、どちらでも同じ

ちなみにトンチでもなぞなぞでも心理戦でもなく、普通の数学の問題。答えは後日。


ヨーグルトをいろいろ買ってみた。
f0056516_0453765.jpg
マーチンの3ホールのイエロー。英国製。
f0056516_05034.jpg
イエローは10ホールを持っているが春夏に履くのは億劫で、3ホールがあったら欲しいなあと思っていたのだ。
ニューヨークのTrash and Vaudevilleという超ロックなショップの別注らしい。
f0056516_1122438.jpg
パッと見は定番の1461(右側)と変わらないのだが、バックステイの仕上げが異なる。
f0056516_113491.jpg
ついでに、英国製と現行の中国製だとソールの印象が違う。上の中国製の方がややクリアになっていて、ちょっとチープな感じ。
f0056516_1283371.jpg

[PR]

# by maestro_k | 2013-05-05 01:47 | shoes