レンズテスト

今回はカメラ・レンズに興味のない方は読み飛ばしていただいて結構。

昨日の試写にて、使用レンズのボケが小さく思われた。可能な限りボカす撮り方を試してみる。
比較のためレンズは二本。
レンズA…キヤノンEF17-40ミリF4L →結構いい部類のズーム。現在のメインレンズ。
レンズB…オリンパスG.ZUIKO50ミリF1.4 →とても昔の標準レンズ。ジャンクで2千円。

関係ないけど、真上からだとちょっと面白かった。守護霊ってこんな視線?
f0056516_1265871.jpg
これも関係ないけど、表参道のシャノアールが閉店。ショック!
デ・プレ、ラミルに続き、表参道の御用達カフェ消滅は三つ目。
f0056516_130453.jpg

で、ボケ味テスト。なぜかポケットに指輪が入っていたので道ばたの木の看板に乗せる。
誰の指輪かを明かすと物議を醸してしまう、までもなく自分の指輪だ。
f0056516_1371320.jpg
おお、ボケてるじゃない!しかも綺麗に。

はい花。花同士が近いのでそれほどボケてくれない。f0056516_1443976.jpg
と、ここまでは全てレンズA。レンズBに交代。とりあえずボケることは間違いないレンズ。
f0056516_1471574.jpg
絞り開放でブワブワ。確かにボケてるのだけど、均一でない、乱視気味のボケ。

もう一度レンズAに。これくらい接写すると、やっと上の画像と同じくらいのボケ量に。
ボケ味はAの方が綺麗。値段が全然違うから当たり前だけど。
f0056516_1575674.jpg
背景ボケを作るには、「出来るだけ望遠・出来るだけ絞りを開く・できるだけ接写」の三つを実行すれば良い。ただ、指輪や花の場合ならかなり接写できるが、人間だと目と鼻くらいしか写らぬほどに近いことになってしまう。人の上半身を入れ込むとここまで背景はボケない。ちょっと考えどころ。

今週、DVD鑑賞とテスト撮影しかしてない。まさしく下等遊民な日々!
と言ってばかりもいられなくなってきた。働かないと2ヶ月後には一文無しになってしまう。
こんなに仕事がないとは、どれほど世の中に必要とされていないのか。
存在の必然性は自分で作ってゆかねばならぬだろう、という気持ちで二十代の頃は支えて来られたが、認められないまま芝居や歌を無理矢理やってきて、もう矢は尽きてしまったよという思いもあったり。
タフでありたいとは思うけれど、もはや晩年なのかも知れない。
ならばもっとやけっぱちに生きようかな。残りの人生、すごい高級シャンプーしか使わないとか。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-13 03:08 | photo/camera

ピンとこない

近々芝居のチラシの撮影を頼まれているので、カメラの勘を取り戻しておこうと思った。

んー、なんだかどうも、自分がこう撮りたいと思った絵になってくれない。
これ以上背景ボケないのか…。ちょっとレンズ再考の余地有り。f0056516_2212218.jpg

挙手!
f0056516_2224588.jpg

ランプ。爆発寸前の星みたい。
f0056516_2264052.jpg

たらこみたいなのは、モザイクで覆われたマネキン。
f0056516_2275482.jpg

評判のいいレンズなのだが、私の目的に最適ではないのかも知れない。
単にまだ使いこなせていないだけなんだろうけど。

と、五月に入ってからまだ働いてないことに気付く。大丈夫?
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-12 03:05 | diary

二日ぶりの外出&物欲の権化

「ロード・オブ・ザ・リング」に費やした二日間を経て久しぶりに外に。と思っていたら水道局の集金がやって来た。私はあらゆる支払いを自動引き落としにしていないので、忘れた頃に水道局や東京電力がやって来る。今日払わないと水道が止まるというので渋々8000円弱を支払う。
まあ、そろそろ払いに行かねばと思っていたので、来てくれたのは手間が省けて助かった。
f0056516_2253394.jpg
写真は随分前にどっかで撮った夕暮れの花壇。

外出したところで特に行くところもないし平日の昼間に遊ぶ相手もいない。高等遊民ならベルリンにでも遊学に行くのだが、下等遊民は池袋のカフェでレンズのカタログを眺める。欲しいレンズがあるのだが手に入れられるのは数年先になるだろう。
私にはレンズの他にもいろいろ欲しいものがある。物欲の権化のような人間だ。例えばどのようなものを欲しているかと言うと、

写真関係
Canon EOS 5D(デジタル一眼レフカメラ)
Canon EF24-70 F2.8L USM(レンズ)
Canon EF-S 17-55 F2.8 IS USM(レンズ)

音楽関係
EV CARDINAL(マイク)
EV RAVEN(マイク)
ROLAND C-80-AK(デジタルハープシコード)

こんなところだ。
全部、そのものが欲しいというよりは、それを使っての創作や表現を求めている訳だが。
これらのうちマイクは二万円前後と比較的安価であるし、明らかに必要経費のうちに入ると思われるので余裕が出来次第購入を考えている。その他のものは10〜30万円の大きな買い物なのでしばらくは指をくわえて見ているしかない。世の中、必然性の低いものほど値段は高いものなのだと、自分に言い聞かせて我慢するのだ。うまいこと、現物支給でCM出演の話などが来ないかなと妄想。

ああ、人を撮りたくなって来た。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-10 22:22 | diary

ロード・オブ・ザ・リング

第一作が208分。
第二作が230分。
第三作が250分。
合計約11時間半。DVD用のスペシャル・エクステンデット・エディションなので劇場公開版よりさらに長いらしい。
月曜日の夕方から観始めたが、さすがに一日では終了できなかった。
火曜日も部屋から一歩も出ずに観続けたが、食事したりニュース見たり寝てしまったりで、結局深夜2時過ぎまで。できるだけ楽な姿勢をと思いベッドで寝たきりだったのだが首が痛い。
11時間半を観終えて一番の感想は、
「イライジャ・ウッドは目がでかい!」
という、観なくても分かるものだった。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-10 03:22 | others

最近の画像

と言っても食べ物ばかり。

f0056516_20383053.jpg 久しぶりにアニヴェルセルに行ったらカフェオレが900円になっていた。
高いよ!
山頭火で大盛りが食べられるではないか。

Kくんに誘われて入った、三軒茶屋の屋台のフォー。美味しかったのだが、直前に焼き肉で満腹だったので平らげることは出来なかった。f0056516_2040684.jpg


f0056516_2042514.jpg ラフォーレ裏、エクストリームカフェのナントカショコラ。これは美味しかった。是非お試しあれ。


f0056516_20441222.jpg
ラミルのコーヒーゼリー。
まあ、普通。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-08 20:49 | photo/camera

久しぶりに演奏

6日の夜から「サロン・キティファイヤー」出演のため新宿へ。
イラストレーターのゴッホ今泉さんが主宰するイベントである。
以前は「デパートメントH」という名称で毎月ON AIR WESTで行われていたが、
ここ数年は名前を変えていろんなクラブで開催されている。様々な性的倒錯者の
皆様が集うパーティーで、Caccinicaは場違いのようにも思えるのだが、
こういう場ではCaccinicaのヴィジュアルなどは全く特異なものではないので、
意外とアンダーグラウンドな世界では真っ当な音楽的評価をしてもらっている。

さて、今回は初めて人前で楽器を弾かなければならないので非常に緊張した。
「ハゲレット」の時は別段ちゃんと聴いてもらわなくてもよいというスタンス
だったので気が楽だったが、金をもらって楽器を弾いた事はないのだ。しかも
このイベントのお客さん達は大方行儀がよろしく、演奏が始まると前方の人々は
後方の人たちのために座ったりして皆で聴く姿勢をつくってくれる。
ギターの演奏に気を取られてMCなどはガタガタ。歌も本調子とはいかなかったが
初の楽器演奏としてはまあなんとか及第点ではなかろうか。

朝5時の靖国通り。
f0056516_20342642.jpg

仮眠をとってゴールデン街へ。黒色すみれが経営する「すみれの天窓」で演奏。
前日のイベントの疲れをひきずったままだったこともあるが、単純に出来が良くなかった。これは一重に私の見通しが甘かったせいだ。お金を取る演奏でこんなことしていてはいけない。せっかく来てくれたお客さんに申し訳がたたない。小さい会場なので良く言えばアットホームな雰囲気なのだが、だからといってヌルい演奏が許される訳ではないのだ。プロの仕事はどうあるべきか考え直さなければ。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-08 20:40 | diary

カフェ!カフェ!カフェ!

ボディがだいぶ前から壊れていたパワーブックを修理に出そうと、原宿でK氏に会うことに。
K氏とはコンピュータをなんかガチャガチャやって生計を立てている人で、私に最初のパワーブックをくれた人だ。その初代が壊れてしまったときも格安でアップグレード機に下取り交換をしてくれた、いわば私のコンピューター・パトロンである。

彼の住まいが近場なので原宿にしたのだが、これがGWで殺人的な混雑。ある程度予想はしていたので、絶対に混まないであろうラフォーレ裏の花泥棒で待ち合わせをした。早めに行ってみると満席。花泥棒が満席なのは初めて見た。

K氏に連絡を入れ、彼の到着前に他の店を探しておくことに。
しかしラフォーレ前から表参道に歩こうとしたら人ごみで全く進まない。
みんなどうしてGWに原宿なんか来るの?何を求めているの?表参道のカフェは良く行くけど、それは平日のヒマを満喫するためで、人にもみくちゃにされるためではない。
業を煮やしてラフォーレの中を通って裏に抜ける。大田美術館隣のエクストリーム・カフェに。
ここはおのぼりさんたちには盲点なようで、空いてはいなかったが混んではいなかった。
やがてK氏も来て修理依頼。

ここで食べた何とかショコラというデザートがやたら美味かった。画像をアップしたいのだが、いかんせんパワーブックがない。ので今ネットカフェなのだが、ここがなぜかUSB端子を全てパテで埋めているという意地悪な店なので、PCに画像を取り込めないというテイタラク。
チョコレートの練りこまれた生地が、外は焼かれていつつ内側はドロッとしていて、アイスも付いていて、でもやっぱり言葉では説明しづらい。
とにかく、最近食べたお菓子の中では抜群に美味かった。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-05 20:28 | diary

最近

ヒマなのでDVDなど観る。ここ三日で六本。
中でも「オールド・ボーイ」が図抜けて面白かった。ヒロインのカン・へジョンが非常によい。可愛いくて演技が巧い上に脱がれたら文句が言えない。彼女の素の声が聞きたくて、コメンタリーでもう一度全部観てしまった。
ただしクライマックス付近における秘密の暴露は、私の嗜好からするとあくまでも甘美な衝撃に過ぎない。だから主人公の狼狽には同情しかねる。ウェルカムではないか。
とりあえずカン・ヘジョンは「共演したい女優ランキング」二位にエントリー。
一位を当てた方にはスイスの高級腕時計「テクノス」をペアで。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-05 01:28 | others

人と触れあう

某舞台のためのワークショップ兼オーディションで三軒茶屋へ。世田谷線改札前でKくんにバッタリ遭遇。Kくんとは先日の舞台で共演した。実は一緒の現場ということが判明。
終了後、これも現場で出会ったKくんの後輩の男の子を交え焼肉へ。男子らしい話題で盛り上がる。たらふく食べたが、酔っ払いのKくんは食い足りないのか淋しいのか、ベトナム屋台のフォーに誘った上にカラオケに行こうという。別に断る理由もなく、男子三人でいろいろ歌う。ディープパープルとか。久々に人と交わって楽しかった。
[PR]

# by maestro_k | 2006-05-03 00:40 | diary

ピクニック

f0056516_2025445.jpgピクニックへ。代々木公園へ向かう。
と、なんだか人が多い。
土日に原宿が混んでいるのはいつものことだが、公園までやたら人がいて面食らう。すでにGWなのだと後から知った。私は一年中GWなので休日の情報には最も疎い部類の人間なのだ。
静かでけだるい昼下がりを求めていたのに、公園ではフリスビーを飛ばす人や楽器を叩く人、バドミントンに興じる人などが溢れ、賑やかなことこの上ない。まあ、それでも広い公園なのでひとりでぼんやりできるスペースくらいはあった。
木陰に陣取り、2時間ほどただひたすらボーっとする。いろいろ考えすぎて泣きそうになったり怒りが湧いてきたり、いろいろな感情がグルグル交代する。考えすぎるとあまり良い方に気持ちが向かない。考える暇がないくらい忙しければいいのに。ただしギャラの出る仕事か、好きな仕事で。

考えたことのうちのひとつ。
私は自己表現として芝居と歌と写真をやっている。写真はまったくの趣味だが、芝居と歌は金をもらって見せたり聞かせたりして、それで生計を立てている。

「いろいろ才能があって、すごいですね」と言われる。才能の有無は私が決める事ではないが、はっきり言えるのは私が日常生活において自己表現が極めてヘタクソな人間だという事だ。語彙や知識は多いほうかも知れないが、ではそれらを駆使して人に自分の意志や感情を伝えるのに長けているか、相手の気持ちを汲み取るに敏かというと、決してそうではない。むしろ誤解されたり相手を不快にさせてしまう事のほうが多い。これはまったく私の人格欠損であり、人間的魅力を損なうに充分な事実だ。
なので私は、言わば装置を必要とする。芝居や音楽というお膳立てや、カメラという即物的な装置を利用しないと自分の居場所が作れないボンクラなのである。そして人間ユザワは誰からも食事の誘いを受けることなく、ひとりでピクニックに行くようなハメになる。
それは昔からそうなので今さら治りようもないのだが、いざ表現活動が滞ると、途端に極度の孤独感に陥る。大人なのだから、もう少し自分への歓待の仕方を学ばなければなるまい。

こんな感じのことを、20個くらい考えた。
そして帰りに池袋のロフトで洗顔用のフェイスブラシを買った。

「ピクニックに行った帰りに、フェイスブラシ購入。」どんなにグルグル考えても、今日の私がしたことは、このふたつだけなのだ。

告知。5月7日に新宿ゴールデン街「すみれの天窓」でちょっとだけ演奏。
15時&17時半。17時半の回はすでに売り切れ。限定13名なので予約はお早めに。
詳細は「今後の予定」欄のURLから。
[PR]

# by maestro_k | 2006-04-30 20:50 | diary